1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「今年最後のブラインドテイスティング」

 台湾からもどって休む間もなく、最終号となる『ウイスキー通信』の編集入稿作業。同時進行の『コニサー倶楽部』も、最後の追い込みに入っている。

 このところ腰の状態が安定しているので、ほぼ9ヶ月ぶりに歯医者通いを再会。腰の次は眼で、そして眼の次は歯である。当分、歯医者通いは続きそうだ。

 通信やコニサー倶楽部、歯医者通いの間を縫って、ウイスキー検定や、来年の清里フェス、そして4月下旬に出発するウイ文研恒例の蒸留所ツアーについても、毎日ミーティングが続いている。

 来年は久しぶりにスカイ島からインバネス、北ハイランド、そしてオークニーを回るツアーで、7泊9日を予定。スカイ島ではタリスカーだけでなく半日スカイ島観光も。さらにオークニーも、いつもより滞在時間を多くし、今世界が注目している世界遺産や、古代遺跡の発掘現場なども訪れる予定だ。

 と同時に、来年2月創刊の新雑誌『ウイスキーガロア』のタイトルロゴもいよいよ決まり、今日はコンテンツ案をもとにデザイナーのKさんとミーティング。

 巻頭特集は日本のクラフト蒸留所で、今稼働している全蒸留所を網羅する予定でいる。そのため、今月から来月にかけ、新たに5~6ヵ所取材に行く予定だ。

 検定対策講座やテイスティングセミナーも目白押しで、ほぼ週に1~2回のペースで予定が入っている。「スコ文化テイスティング」は、11月で今年の分は終了したが、「究極のテイスティングセミナー」は、12月22日(夜)と、25日(日曜午後)が、今年最後となる。

 どちらもテーマは同じで、6種のブラインドテイスティング。ただし、当日その6種のシングルモルトについては、すべて銘柄を明かす。

 つまり、まったくのブラインドではなく、銘柄が分かったうえで、それぞれのグラスの中のウイスキーと、それが正しくマッチングできるかどうかだ。

 「クリスマスのこの時期にやるとは・・・」と、スタッフの間で大クレームがついたが、こればかりは仕方ない。そういえば昔もスコ文化テイスティングをクリスマスイブと、クリスマスの日にやったこともあった。誠に申し訳ないと思っている。


161209_1.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter