2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「グレンモーレンジィの完璧すぎる体験・・・」

 東京フェスが終わって一段落する間もなく、来年の清里フェス、そして最終号となる『ウイスキー通信』、『コニサー倶楽部』(これは今までどおり年3回発行)の入稿・編集作業に追われている。

 『コニサー倶楽部』は巻頭特集がコニャックで、ワールドではカミュの特集をしたが、こちらはコニャック全体、特にスコッチとの違いという点について5ページにわたり述べている。さらにコラムでは、『ウイスキーガロア』に関連して、ハリス島のワイルド・ウォーターリリー、睡蓮についても書いている。

 『コニサー倶楽部』は、ウイスキーエキスパート、プロフェッショナル、もちろんマスター・オブ・ウイスキーの有資格者で、ウイ文研の会員であれば無料で送付しているもので、今年始めにリニューアル創刊して、こんどの号で3号目となる。

 それらの作業が一段落したところで7時に日本橋のマンダリン・オリエンタルホテルに行き、広東料理レストランの「センス」で、グレンモーレンジィの”完璧すぎるウイスキー体験”に出席。

 これはホテルの美味しい広東料理をいただきながら、究極のグレンモーレンジィを味わうというもので、もちろんビル・ラムズデンさんが、そのホスト役。

 出されたのはオリジナルと18年、25年、そして2017年から25年物に代わって市場に投入されるヴィンテージシリーズの1990(これはシークレットアイテムだった)、最後が「グレンモーレンジィ・プライド1978」の5種類だった。

 プライド1978は日本ではマンダリン・オリエンタルホテルだけで飲めるもので、2012年に全世界700本限定でリリースされたモーレンジィの34年物。オフィシャルのモーレンジィとしては、これが最長だという。

 ビルさんがグレンモーレンジィのマネージャーになった1997年に、バーボン樽からボルドーのグランヴァンの3大シャトーの赤ワイン樽に移し替えたもので、そのワイン樽5樽からボトリングしたものだという。

 そのシャトーについては言えないということだったが、ポイヤック地区というヒントなので、それはもう、シャトーラフィット、ムートンロートシルト、そしてラトゥールしかないはずだ。同じグランヴァンでもマルゴーとオーブリオンは、ポイヤックではないからだ(そのはず・・・)。

 つまりバーボン樽で19年、ワイン樽で15年、合計34年の時を樽の中で過ごしたことになる。もちろん、とびきり美味しいのだが、すべてを飲み比べて思うのは、完璧のバランスをもっているのは、18年ではないかということだった。もちろんコスパも含めてだが、改めて18年のすごさを感じた。

 結局、会は9時すぎに終了し、10時半すぎに恵比寿の仕事場にもどる。ビルさんとは来年5月のツアーで再会を約束して別れた。


161125_1.jpg


161125_2.jpg


161125_3.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter