1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「東京フェス本番とウィームス家インタビュー」

 昨日は、今年最後を飾る「ウイスキーフェスティバル2016 in東京」の本番。5時に起きて、8時すぎに会場となるサンシャインシティに入る。久しぶりにJR池袋駅からサンシャインシティまで歩いたが、こんなに遠いとは思わなかった。

 18歳で上京してきてから、池袋は私のターミナル駅。どれだけ東口からサンシャインにかけて通ったことか。清龍や大戸屋(昔は安い定食屋で、お世辞にもキレイとは言えなかった)は、毎日のようにお世話になっていた。そんな思い出がよみがえるが、もう45年も前の話である。

 会場に着いてさっそく本にサインをしたり、ボトルにサインをしたりと準備をし、10時には全体ミーティング。そして10時50分にバグパイプの演奏とともにフェスがオープンした。

 とにかく詳細については最終号の『ウイスキー通信』や、2月下旬に創刊する『ウイスキーガロア』に譲ることにして、会は4時半すぎからのGMの大抽選会、そしてフィナーレのセミナー講師陣によるスピーチと続き、6時に無事終了。

 すべてを撤収したのが7時半頃で、帰りは荷物を積んで車でウイ文研にもどり、その後近所のうどん屋で遅い夕食。いつものことだが、昨日の夜はアタマの脳ミソがぐるぐる回転しているのか、変な夢ばかり見て、ほとんど熟睡できず。4000人以上の人が会場を訪れたわけで、その人たちの顔や名前、話などが脳にインプットされるせいだろうか・・・。

 今日はウイ文研は休みにしたが、『ウイスキーワールド』の入稿作業がツメの段階に入っていたので、編集チームは全員出社。私も11時前には出社し、片っ端から校正、入稿、確認作業に忙殺される。

 その作業が一段落したところで、5時に今回セミナーもやってくれたウィームス家の、ウィリアム・ウィームスさんがウイ文研に来て、ウィームスモルト、ダーンリージン、ロードエルコ・ブレンデッドスコッチ、そして2014年に創業したファイフのキングスバーンズ蒸留所について、1時間半ほど話をうかがう。

 これも来年2月の『ウイスキーガロア』用で、4ページくらいでウィームス家とキングスバーンズについて特集しようと思っている。ウィームス家とブルース家の興味深い関係や、ファイフのグレンロセス町にできたインチデアニー蒸留所など、実に興味深い話を聞くことができた。乞う御期待である。

161120_1.jpg


161120_2.jpg


161120_3.jpg


161120_4.jpg


161120_5.jpg


161120_6.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter