1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「GMファン感謝デーのトークショー」

 この2週間で静岡、博多、鹿児島、屋久島、そして厚岸と日本列島を5~6000キロ縦断したせいか、今朝は体力的にも体調的にも最悪の状態・・・。もちろん、その合間に5~6回のセミナーをこなし、『ウイスキーワールド』の原稿、校正にも追いまくられた。

 しかし、今日からが本番・・・。GMファン感謝デーの準備をして、11時前に会場となる飯田橋グランドパレスホテルへ。うちのスタッフはまだ誰も来ていなかったが、ジャパンインポートのスタッフがすでに準備を始めている。

 12時前にジャパンインポートのT社長以下、パネラーのユアン・マッキントッシュ、リチャード・アーカート、デイビット・キングの3氏が会場入りしたので、ジャパンのT嬢を交え、簡単な進行の打ち合わせ。本当はもっと前にやるべきだったのだが、私にまったく時間がなく、本番直前の打ち合わせにさせてもらった。

 そもそもトークショーなので、進行スケジュールを事前に決めていても、やってみないとわからないということも多い。トークショーはライブ感、その場のノリも大事だと思ってもいるのだが。

 今回の参加者は100名ほど。さすがGMである。予定通り1時半から始まり、途中、今まで知られていなかったGMの樽選び、ディスティラリーラベルの話などもあり、非常におもしろかった。テイスティングは、東京フェス・オリジナルの①ベンロマック、②グレンバーギ、そして③としてグレングラントの1966、46年物が出されたが、1966のグレングラントは、私も飲んだことがなく(リチャードも初めてと言っていた!)、驚きのひとこと、別次元のうまさである。

 これはGMがクイーンズアワードを受賞した2013年にボトリングしたもので、3樽のシェリーホグスヘッドからだという。600~700本の限定で、スタッフや関係者にしか配られなかった、もちろん非売品(!)だ。ベンロマックのシングルカスク、グレンバーギも実においしいのだが、この1966を飲むと、それもかすんでしまう・・・。

 トークショーの終わりにはスペシャルゲストとして、国立バーヒースの大川さん、モルトハウスアイラの鈴木さん、目白田中屋の栗林さん3人にも登場してもらい、それぞれGMの思い出、思い出のボトルについて語ってもらった。

 ということで4時半にGMのファン感謝デーは無事終了。明日の東京フェスにそなえるため、恵比寿の仕事場にもどり、早めに就寝。とにかく、このところ眠れてないのがツライ・・・。


161119_2.jpg


161119_1.jpg







スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter