1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「今年最後のスコ文研テイスティング」

 木曜日の夜から体調が悪いと思っていたが、疲れのせいか熱が出て、金曜午前中に近所の病院に行って診てもらう。インフルエンザを心配したが、検査の結果それは大丈夫ということでホッとする。とにかく薬を飲んで休むしかない・・・。

 といっても全休にするわけにもいかず、午後2時すぎにウイ文研に行ってフェスのことや、ウイスキーワールドの入稿、校正作業。東京フェスは会場の展示がやや殺風景ということで、急遽ポスターを作ることになり、その確認作業。当日、会場で配られるパンフレットの入稿もチェックする。

 それらの仕事が片づいたところで、7時から今年最後のスコ文研テイスティング。抗生薬を飲んでのテイスティングなので、病院の先生が知ったらエライことになるが、とにかく熱が上がらないよう祈るしかない。

 テイスティングアイテムは①ティーリング1992、②清里フィールドバレエ27周年、③カバランソリスト・マンサニージャ、④同アモンティリャード、⑤同モスカテル、⑥ペドロヒメネスの6種類。

 ①はアイリッシュのシングルモルトで、中味はブッシュミルズの23年物だと思うが、実においしいアイリッシュである。②はベンチャーの肥土さんがつくったブレンデッドで、1990年蒸留の羽生の原酒と40年超の川崎グレーンが入っている。

 ③④⑤⑥はもちろん最近リリースされたソリスト・シングルカスクのスペシャルリリースで、4つのシェリーの違いがどうウイスキーに影響を与えているのかを、知ることができる。ついでに、以前から出ていたフィノシェリーも参加者に飲んでもらう。

 なんだかんだで、結局9時半くらいまでかかり、今年最後のスコ文研テイスティングは無事終了。代表世話人のNさん、Sさんと3人で恵比寿まで歩いて帰る。この間、あまりにもいろんなことが起こって、Nさん、Sさんに報告もできていなかったので、道すがらそのことについても話をする。すべては私が蒔いた種かもしれないが、こうもいろんなことが、いっぺんに起きると、あとは笑うしかない。

 昨日、今日は一度来年の手帳を買いに恵比寿のアトレに行ったくらいで、終日仕事場にこもって、ウイスキーワールド、ウイスキー通信、コニサークラブなどの原稿書き。それ以上に決めなければならないこと、考えなければならないことが山のようにあり、それらは電話やメールで対応する。

 あとはひたすら、たまりにたまったドラマやドキュメントの録画を片っぱしから観て、録画の空きスペースを増やす作業。この2日ほどは、ついでに禁酒も断行・・・。


161113_1.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter