2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「東京フェスのお土産ボトルとエキスパート試験」

 体調は最悪だが、やることが山のようにあるので昼にウイ文研。まずは最終号となるウイスキーワールドの原稿の校正と、入稿チェック。まだ取材が済んでいないところも多いが、来週木・金と丸2日間、厚岸に行ってしまうため、その前にやるべきことはやってしまわないといけないからだ。

 それよりも何よりも、来週末にせまった東京フェスの件でミーティング。全体のスタッフ(総勢50名以上)の配置や、その流れなどを確認。さらに物販リスト、ボトル販売のリストを出してもらい、その確認作業。

 鹿児島に行く前に有料試飲ボトルは選んであったが、そのリストも確認し、さらにお土産ボトルのラベルを貼り、その5本の撮影もしてしまう。

 今回は、その前日にGMの感謝デーもあるため、昼の12時から会場でスタンバイしなければならない。MCは私が務めるが、その流れや進行についても決めなければならない。

 東京フェス当日のMCについても、私がやらなくてはならず、その進行についてもこれからだ・・・。とにかく時間が足りないというのが、正直なところだ。時間もそうだが、もう一人私がほしい・・・。

 そんなことを言ってもしょうがないので、11日金曜日のスコ文研テイスティングの確認だけして、6時すぎに恵比寿の仕事場にもどる。

 エキスパート試験の採点もほぼ終了したので、その結果をリストにしてもらい、これから合格者の検討に入ることになる。今年は受験申し込み者が472名で(過去最多)、当日の受験者が442名(30名欠席)。平均点は59点だった。それだけ問題が難しかったということかもしれない。年々、問題の範囲が広がっているせいもあるのだが・・・。フェスが終了した、11月25日前後には、合否通知を発送したいと思っている。

161110_1.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter