1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「セミナーそして鹿児島津貫、屋久島へ・・・」

 日曜朝イチ、6時15分の便で福岡へ。タクシーでウイスキー検定対策講座の会場へ移動し、9時15分から検定2級(1級)、そしてシングルモルト級のセミナーを行う。途中1時間ちょいのランチ休憩をはさんだが、ぶっ通しで6時間以上も喋りつづけ、さすがに疲れ切ってしまう・・・。

 5時過ぎに撤収し、6時35分の九州新幹線で鹿児島に移動。九州新幹線は初めて乗ったが、座席も広く、なかなか快適である。今朝は3時半起きだったため、ほとんど寝ていなく、移動・移動で疲れ切っていたのに、喋りすぎたせいか神経が興奮していて、15分ほどしか眠れず。8時ちょいに鹿児島中央駅について、ホテルにチェックイン。

 一昨日は9時半に駅でカメラマンのW君と待ち合わせ、本坊さんが用意したバスに乗って1時間弱の距離にある津貫の蒸溜所へ。津貫のグランドオープンに出席するためで、大勢の人が押しかけている。我々は『Whisky World』の取材ということで、一般プレスとは別に蒸溜所を案内してもらい、取材・撮影を開始。

 写真では見ていたが、実際に津貫のポットスチルを見るのは初めて。もっとも夏に群馬の高崎にある三宅製作所で、製造途中の津貫のスチルを見ていたが。

 その後、2時から正面の大きなテント内でグランドオープンのセレモニー。報道関係だけでなく、多くの人達が祝いにかけつけている。テープカット後の乾杯の発声と挨拶をまかされていたので、何を話そうかと悩んでいたが、本坊の社長が私と同じ歳、それも誕生日も1日しか違わないことを知って、そのこともスピーチに入れながら乾杯の発声。

 セレモニー後は、今回の津貫のオープニングの目玉の1つでもあるゲストハウス、本坊家旧宅、「寶常」に行って4時すぎから夜会に出席。結局、ホテルにもどって寝たのは12時すぎになっていた。

 昨日は9時すぎにホテルをチェックアウトし、10時の高速船で屋久島へ。屋久島には本坊酒造の「伝承蔵」という焼酎の工場があるが、そこにウイスキーのウエアハウスを作っていて、実は2年以上前から信州マルスの原酒を熟成させている。それを取材し、試飲をさせてもらうのが、屋久島行きの目的だった。

 もちろん屋久島も初めてで、ジェットフォイルという高速船で2時間45分もかかるということも初めて知った。佐渡にも、このジェットフォイルがあるが、新潟から佐渡まで50分である。越佐海峡の距離は60kmで、そこを時速80キロで航行するのだが、その3倍近くもかかるというのは、驚きだった。それほど屋久島が遠いということだ。

 ウエアハウスでの撮影はすぐ済み、その後ワールドの表紙撮影のためヤクスギランド、千尋の滝などを見て回る。屋久杉は樹齢1000年以上の木をいうらしく、それより若いものは小杉ということも初めて知ったが、やはり屋久杉を間近で見ると本当にスゴイ。

 結局ホテルにチェックインしたのは6時前で、夜は近くの郷土料理の店で、伝承蔵の焼酎を飲みながら、本坊社長以下3名と、ずっと取材に同行していた鹿児島テレビのスタッフ交え、懇談会。久しぶりに、しこたま焼酎を飲んでしまった・・・。

 今日は再び高速船で鹿児島にもどり、4時すぎのフライトで、ようやく東京に帰りつく。3泊4日のセミナー、そして取材旅行だったが、じつに実りの多い旅となった。詳細は11月30日発行のウイスキーワールドと、来年2月に創刊する『ウイスキーガロア』で、報告予定だ。


161109_1.jpg


161109_2.jpg


161109_3.jpg


161109_4.jpg


161109_5.jpg


161109_6.jpg


161109_8.jpg


161109_7.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter