2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「エキスパート試験とジン対談…」
 一昨日は第13回目となるウイスキーエキスパートの試験が東京と大阪の2会場で行われた。今回の受験者は500名弱と過去最多。これでのべにして3200人以上が受けたことになる。どちらもそれぞれ2教室となり、うちのスタッフも総出で試験に望んだ。

 私は恵比寿の仕事場で『コニサー倶楽部』の原稿を書きながら、2会場の連絡役。途中、山手線が人身事故により運転見合わせ中と、テレビのテロップが流れたが、試験は予定通り2時半から行われる。

 試験が終了し、それぞれの会場から連絡が入ったのが4時半すぎで、今年の試験も無事終了したことを確認した。

 昨日は午前中『Whisky World』のコニャックの原稿を書き、昼すぎにウイ文研。事務仕事を片付け、3時に自由が丘のバー・ジェントリーへ。そこで京都ジン(ウイスク・イー)のデイビッドさんと、ワールドのジン特集の対談。もちろんジェントリーのオーナーバーテンダーTさんにも加わってもらい、1時間ちょいジン談義を交わす。

 イギリス(スコットランド)、アイルランド、日本を中心としたクラフトジン30種ほどと、京都のジン蒸溜所を特集する予定で、そのための座談会となった。その後、スペイサイドウェイ、恵比寿のオーディンへ・・・。

 今日も午前中はワールドの原稿を書き、昼すぎにウイ文研。東京フェス、津貫、厚岸の取材も迫っているが、とにかく、ひたすらワールドの原稿を書くしかない。先週土曜日にもワールドのテイスティング欄のボトルのテイスティングをしたが、昨日も自由が丘に行く前にカバランのシェリー樽4種をテイスティング。

 今回、私の担当は18本中12本と過去最多。それだけジャパニーズやアメリカン、台湾のアイテムが増えているということなのだろう。

 カバランの4種はアモンティリャード、マンサニージャ、モスカテル、ペドロヒメネスで、どれも昨年11月にカバラン蒸留所を訪れた際、私が樽から直接飲ませてもらい、鏡のところにサインをした樽だ。

 どれも2010年6月から7月にかけて蒸留したカバランの原酒を詰めたもので、樽はどれもソレラシステムで使われていたと思われる、見事なものだった。6年熟成だが、それぞれのシェリーの風味が見事にカバランの原酒に反映されていて、違いが明確にでているのが興味深かった。

 たとえばアモンティリャードには酸化熟成の酸味、マンサニージャはヨードのような潮のアクセントがあり、モスカテルは蜂蜜のような甘み、そしてペドロヒメネスには濃厚でしっかりとした甘味がついている。

 近年、私が飲んできたペドロヒメネス樽の中では、もっとも優れたものの1つかもしれない。そもそもスコッチではペドロヒメネス樽に最初から最後まで入れるということは、ほとんどないからだ。これもカバランならではのことなのだろう。

 11月11日(金)の「スコ文研テイスティング」では、このカバラン4種を含む、今も最も旬の、そして美味しいウイスキー6本を出そうと思っている。今年最後の、スコ文研テイスティングだ。


161101_1.jpg


161101_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter