1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ブッシュミルズセミナーと宮古の集い・・・」

 羽田に着いてそのままウイ文研のオフィスに寄り、夜8時近くまでスタッフミーティング・・・。たまっていた案件をとにかく片付けるしかない。

 昨日は午前中恵比寿の仕事場で校正をして、午後1時に銀座のメルサへ。2時からブッシュミルズの新商品発表会のプレゼンテーターを務める。約10日ぶりに飲んだウイスキーが、ブッシュミルズのオリジナル、ブラックブッシュ、シングルモルトの10年、16年、そして11月から新発売になる21年の5種類だった。

 ブッシュミルズからはマスターディスティラーのコラム・イーガンさんが来ていて、後半の30分、コラムさんと2人で5種のテイスティングを順番にやった。コラムさんは日本に来るのは、今回が初めてという。久しぶりにネイティブの英語を聞いて、思わず分かりやすいと思ってしまった。フランスにいた時は、フランス語なまりの英語ばかり聞いていたからだ。

 それにしても改めてテイスティングしてみて、ブラックブッシュのすごさと、16年、21年のアフターテイストで感じる熟したトロピカルフルーツ香に驚いてしまった。ブッシュミルズのポテンシャルのすごさと、ポートカスクの後熟による独特のフルーツ香が素晴らしい。

 その後、ゴルフ雑誌の『アルバ』の特集の取材を近くの喫茶店で受け、4時すぎにウイ文研。再びスタッフミーティングを行い、7時前に恵比寿の仕事場にもどる。時差ボケと疲れで、頭がボーっとしている。

 今朝は5時に起き、10時台の東北新幹線で盛岡へ。そこから106急行バスで2時間20分揺られて宮古へ行く。毎年恒例の「シングルモルトの集い」で、もう1年が経ってしまったのかと、改めて時の流れの速さに驚いてしまう。

 今回20回目(!)を迎えた会は6時半に始まり、いつものように9時前に無事お開き。会の主催者であるSさんの『エル・アミーゴ』へ行き、スタッフの打ち上げ。これも毎年恒例の奥さん手作りのサンマのツミレ汁に舌鼓を打つ。

 それにしても、最初の会から今年で20年になるとは。その間、私が来れなかったのは脚を骨折した時と、直前に急遽取材が入ってしまった時の2回だけ。あとの18回は、もちろん出席し、様々なトークや、最初の頃は簡単なセミナーもやってきた。42歳で初めて宮古に来た私も、今や62歳である。

 Sさんの『エル・アミーゴ』は、この20年で、例の東日本大震災、そして先月の台風による浸水と、2回も水没している。5年前はもちろん津波による海水、そして今回は川水による泥水だという。津波の時に完全に店は水没し、今回の洪水でもカウンターの上まで泥水が来たとか…。

 2度の災害のたびに、店の再オープンにこぎつけたモチベーションは、この「シングルモルトの集い」があったからこそだと、Sさん。そんなSさんも、もうすぐ70歳となる。20年をひとつの区切りにしようと思っていたが、そんな気持ちをうかがうと、このまま止めるわけにはいかない。『エル・アミーゴ』開店50周年の年までは、なんとか頑張って続けようということになった。

 1974年のオープンだというので、8年後の2024年がオープン50周年だ。これも、ウイスキーがもたらしてくれた人の輪、人との繋がりかもしれない・・・。その時、私は古稀になっているが。


161015_1.jpg


161015_2.jpg


161015_3.jpg


161015_4.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter