1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「最後のブレンデッドマラソン・・・」

 ウイスキーエキスパートの問題作り、新雑誌の企画、東京フェスのミーティングなど、このところやることが多く、バテバテである。新雑誌も1冊でなく、『ウイスキー通信』をバージョンアップした雑誌も含めると、来年2冊を創刊することになる。

 それらのコンテンツ・企画ももう待ったなしの状況だが、10月25日発行の『ウイスキー通信』、11月30日発行の『Whisky World』の取材、編集作業も同時進行中だ。イベントも多く、それらの取材、準備にも日々追われている。

 そんなことをやりながら、今日は7時から最後となるブレンデッドマラソン。2年半近く続いた、私の究極のブレンデッドマラソンも今回が最終回。前回アイリッシュのブレンデッドをやったので、今回はスペシャルとしてアイリッシュのシングルモルト、そしてシングルポットスチル、アイリッシュ独特のポティーンもテイスティングすることに。


 それら6種類をテイスティングしたあと、最後ということもあり、ティーリングのシングルモルトアイリッシュ、1992年蒸留の23年物も飲んでもらうことにした。ティーリングのボトルで1992年蒸留ということで、クーリー蒸留所のものと思っていたが、どうもそうでないらしい。

 昨年、東京フェスでスコ文研が出した1988年のアイリッシュと非常に似たアロマ・フレーバーがあり、ブッシュミルズのシングルモルトではないかと思われるのだ。いずれにしろ、非常にフルーティで、陶酔感があり、実に美味なウイスキーだ。

 さらに、もう1つのスペシャルとして萌木の村のフィールドバレエ27thのボトルも、特別に振る舞うことにした。イチローズモルト&グレーンで、長熟の羽生の原酒と、40年超えの川崎のグレーン原酒がブレンドされている。こちらも非常にリッチで美味なウイスキーだ。

 また、参加者のSさんが、わざわざ高島屋デパートで手に入れた、高島屋オリジナルのイチローズモルトも参加者全員で回し飲み。最後にふさわしい豪華なラインナップとなった。今後は、スコ文研テイスティング(2ヶ月に1度)とテイスティングの真髄が、私のスクールの中心となる。


160928_1.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter