1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「琵琶湖クルーズと京都ジン」

 朝イチの新幹線で品川から京都へ。そこからJRで大津に行き、10時半頃に大津港の琵琶湖汽船の乗り場に到着。さっそくビアンカ号に乗船し、フェスの準備。すでにスタッフのSさん、Oさんらが準備に入っていて、出展者、京都支部の面々も準備に余念がない。

 台風直撃を直前まで心配していたが、嬉しいことに台風は通過してしまった。しかし台風一過とはならず、秋雨前線の影響であいにくの雨模様。しかも湿気も多い。

 準備は1時前には終了し、スタッフミーティング、全体ミーティングを終え、いよいよ1時半には乗船開始。初めてのウイスキークルーズで、しかも天候不順の中、どれだけ参加者がいるか心配したが、350枚のチケットはほぼ完売!しかも関西だけでなく、東京や神奈川、名古屋、富山、中国地方からも多くの客がやってきている。ほぼ全員の乗船が確認できたところで、予定どおり2時に出港。日本初のウイスキークルーズがスタートした。

 クルーズでは2組のアーティストによる計4回のライブ、私のトークショー、そしてスコットランドの伝統料理が味わえるという、盛り沢山の内容だったが、それにしても飲む量もハンパではなかった。ブースによっては用意していたウイスキーやビールがなくなってしまったところもあり、いつものフェスとはまた違った様子だった。

 途中一度ビアンカ号は大津港に寄港したが、予定どおり7時にクルーズは終了し、急いで撤収作業。8時前に船を下船し、一度ホテルにチェックインし、8時すぎから京都支部のスタッフを交えて近所の居酒屋で打ち上げを行う。

 今回の反省や来年のクルーズのことなど、いろいろ話をする。10時すぎにお開きとし、ホテルにもどってシャワーを浴び、12時すぎに就寝。それにしても、雨がずーっと降り続いている。

 今日はさすがに7時まで寝ていて、その後8時半すぎからホテル前の桟橋で1時間半ほど釣りをする。前々から琵琶湖で釣りをするのが夢だったからだ。

 椎間板ヘルニアをやってから、釣りをするのは初めて。しかもルアーによるバス釣りは30年ぶりくらいになる。天候不順と台風の影響で湖岸はびっしりと藻におおわれ、水も茶色く濁っている。それでも地元の釣り師がいたので聞いてみたが、まったく釣れていないとのこと。地元の老人が釣っていたのは、手のひらサイズのブルーギルばかりだ。

 ということで10時には切り上げ、準備をしてホテルをチェックアウト。12時前に京都駅に出て、スタッフ2人と昼食。その後2時に京都ジンの蒸留所へ。ウイスクイー(ナンバーワンドリンクス)の角田さん、デイビッド、Mさんの出迎えを受け、さっそく設備を見せてもらう。

 スチルはドイツのカール社製のもので、最初に入れた140リットルの小さなものと、先週入ったばかりという450リットルの2基のスチルが稼働する。どちらもコラムが横についたピカピカのスチルで、いかにも機能的、かつ本格的だ。詳細は省くが(次号のワールドで掲載予定)、あらゆる面で、こだわりにこだわり抜いた、世界でも例を見ないクラフトジンの誕生かもしれない。

 できたばかりの製品も試飲させてもらったが、伝統的なロンドンドライジンのスタイルを踏襲しながらも、随所に日本らしさ、こだわりのフレーバーが見てとれる。1本5000円前後と、決して安くはないが、発売が今から楽しみな日本発のクラフトジンである。

 結局、1時間半ほど取材をさせてもらい、タクシーで京都駅へ。4時すぎから、こんどはゆめディアのスタッフ2人と、次号のウイスキーワールドのミーティング。2日前に下版したばかりだというのに、すでに次の号の準備、仕込みが始まっているのだ。


160923_1.jpg


160923_2.jpg


160923_3.jpg


160923_4.jpg


160923_5.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter