2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「恒例のテイスティング座談会とJWの定義」

 連休明けの昨日は、1時から『ウイスキー通信』の恒例のテイスティング座談会。今回は、①富士御殿場シングルグレーン、②ティーリング1992、23年、③ウィームス・ピートチムニー8年、④ラフロイグロア、⑤カバランソリスト・アモンティリャード、⑥ジャックダニエルズ・ゴールドの6種類。

 ①は蒸留所限定のもので200mlと500mlの2つのサイズがある。御殿場の3タイプのグレーンウイスキーをブレンドしたものだ。②のティーリングはシングルモルトのアイリッシュウイスキーで、てっきりクーリーの原酒かと思ったけど、どうもそうではないらしい。ということは例のブッシュミルズ…。とにかくトロピカルフレーバーがあり、秀逸な美酒だ。

 ③は東京フェスにウィームス家の当主が来てセミナーをやるので、以前、手に入れていたブレンデッドモルトの8年物をテイスティングすることにした。これは40%の8年物だが、現行品は46%のノンエイジとなっている。もちろん、アイラモルトのブレンデッドだ。

 ④のラフロイグはOBの新製品。⑤のカバランはスペシャルリリースのアモンティリャードで、ワールドでももちろん取り上げている。最後のジャックは2度のチャコールメローイングと、メイプルウッドの樽で2度目の熟成を施したダブルウッド。創業150周年を記念したスペシャルバージョンだ。

 ということで3時半頃に座談会は終了し、その後、ライターのN君と講談社の単行本の打ち合わせ。まだ構想も決まっていないので、簡単なスケジュールの確認のみ。とにかく今はやることが多すぎて、まったく時間のやりくりができないのが現状だ。

 今日は昼にウイ文研に行き、2時に日本橋にある日本洋酒造組合へ。ジャパニーズウイスキーの定義について、JWAについて、とりあえず説明を申し上げた。本来ならウイ文研がやることではなく、組合のほうでやっていただきたかったと申し上げたが、果たしてどうなることやら・・・。あくまでも一石を投じるつもりでいたが、「震災級の大激震が業界に走っている」と、言われてしまった。とにかく時間をかけ、ゆっくりとやっていくしかないようだ。

 その後一度ウイ文研にもどり、ウイスキー検定の件でミーティングをし、6時前に恵比寿の仕事場にもどる。新雑誌の企画や検定、ジャパニーズの定義も気になるが、いよいよ明日は日本初となる船上でのウイスキーフェスティバル、琵琶湖クルーズの日である。朝イチの新幹線で行くため、早めに床につくことにした。


160921_1.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter