1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『Whisky World』の原稿をひたすら執筆・・・」

 結局、土日は『Whisky World』の原稿と、テイスティングに忙殺される。アイラ特集の第2弾、カリラ、ブナハーブン、ブルックラディ、キルホーマンについては書いていたが、それ以外のGM、グレンモーレンジィとラムズデン氏、キルベガン、ウィームス家とキングスバーンズについて、30枚ほど書いてしまう。

 それと並行して進めているのがテイスティングで、今回私が担当するのはジャパニーズ、台湾、カナディアン、そしてアメリカンのバーボン、テネシー、ライウイスキーの10アイテムだ。

 今日は昼すぎにウイ文研に行き、『世界の名酒事典』で特集(巻頭インタビュー)するジンのボトルについて手配。今回の巻頭インタビューのテーマはアイリッシュ、クラフトジンなので、そのボトルを集めておく必要があったからだ。

 その合間をぬってワールドの原稿の校正、そして琵琶湖クルーズの時に販売する恒例の100mlお土産ボトル3種と、有料試飲ボトルの撮影。今回はクルーズということで、ラベルには国際船舶信号の旗を用いることにした。中身はスコッチのブレンデッドモルト、ジャパニーズ、アイリッシュのブレンデッドウイスキーである。

 よくみるとラベルには旗信号でスコッチ、アイリッシュ、ジャパニーズと描かれている。それぞれの旗のデザインがアルファベットに対応しているからだ。コレクターズアイテム、お土産として最適かもしれない。もちろん、飲んでも美味しいのだが(そのハズだ)。

 さらに9月17日に水戸の「紅茶館」で行う私のアイリッシュセミナーのボトル6本(うち1本は比較のためのボウモア15年)も撮影してしまう。夕方6時からのセミナーで、紅茶館特製のおいしいツマミ、料理も出してくれるので、なかなかお得なセミナーだ。この日は昼間11時から1時すぎまで、「私のイギリス生活」と題するトークショーも行われる。こちらは美味しい紅茶とケーキ、軽食などがサーブされる。

 ということで、ハードな日々が待っている・・・。


160905_1.jpg


160905_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter