1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「雨と霧の中で長和のアウトドアフェスティバル」

 土曜・日曜の2日間、長野県の長和町で第6回となるウイスキー&ビアキャンプ、通称WBCが行われた。腰痛、眼の手術後、初となるウイスキーフェスティバルで、しかも2日間という、私にとってもチャレンジングなイベントだった。さらに今年は風邪をひいてトリプルパンチという、トホホな状態だった。

 土曜は朝6時半新宿発の特急で、スタッフ3人と茅野に向かったが、駅に着く頃には土砂降りの雨。そのまま会場まで長和町の人に車で送ってもらったが、こんな雨の中で本当に人が来るのだろうかという不安が一杯。もうすでに地面はぬかるんでいて、雨水を避けながらのブース準備となった。

 それでも予定通り10時50分にはオープンし、12時に開会宣言と開会の挨拶。その後はずっとブースにいて、6時にキャンプファイヤーの点火式。すぐにスキー場の建物内で初日の目玉であるトークショーを行う。ビールの藤原さんと、マルスの竹平さん、ベンチャーの吉川さん、私の4名で”モルトーク”と題して40分ほど、主に日本のクラフトビール、クラフトウイスキーについて話をする。

 それが終わって会場でBBQをして、ペンションに着いたのが夜の9時半すぎ。朝5時すぎに家を出たので長い一日となったが、初日から雨というのは今回が初めて。しかもずーっと雨で一度も晴れなかったというのも、初めての経験だった。これも台風10号の影響なのかもしれない。

 2日目の日曜日は8時にペンションで食事をとり、9時すぎに会場入り。オープン直前になんとか準備を終え、2日目がスタート。天気予報では晴れ間も出るといっていたが、さすがに1400メートル以上の山の上。一日中霧におおわれ、まるでスコットランドのハイランド地方にいるかのよう。過去6回で、こんな天気は初めてである。

 この日は7時半に新宿を出発した日帰りバスツアーの一行も無事長和に着き、昨日以上の人ごみでビックリする。陽が出ていなかった分、体力的には凌ぎやすく、ゆっくりとウイスキーやビール、食を楽しめたのかもしれない。最後のライブまで人の波は途切れることなく、過去最大、大盛況でイベントを終えることができた。

 途中12時から、この日のメインイベントであるブラインドコンテストも行い、見事ウイ文研の会員で、WPでもある静谷さんが2連覇を果たした。4問中2問の正解で、もう1つもカテゴリーまでは合っていた。アウトドアでのテイスティングは非常に難しく、よほどのプロでも3問正解するのが、やっとだと思う。

 第1回目で優勝したウイスキーワールドのテイスターYさんが、4問中3問の正解であった。この記録はその後一度も破られていない。あの時の優勝賞品は長和町のペンションのペア宿泊券だったが・・・。

 結局、2日間で一度も晴れることなく、5時すぎに予定通り閉会。荷物のパッキングをして、6時すぎにペンションにもどり、この日はペンションで夕食。スタッフで簡単な打ち上げを行う。

 2日間なんとか腰も眼ももち、さらに風邪もひどくならず無事イベントをやり終えることができて、本当に感謝である。夜は10時半すぎに爆睡。

 今朝は朝食後、再び長和町の役場の人に茅野駅まで送ってもらい、10時26分の特急で新宿へ。台風を心配していたが、速度が遅くなっているようで定刻に新宿着。そのまま恵比寿の仕事場にもどり、午後も爆睡!


160829_1.jpg


160829_2.jpg


160829_4.jpg


160829_7.jpg


160829_6.jpg


160829_3.jpg


160829_5.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter