2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「通信とコニサー倶楽部を発送・・・」

 オリンピックが終わって、ようやく普通の生活にもどれると思ったら、夏カゼをひいてしまった。夏バテに熱中症に、トリプルパンチだ。といって休むわけにもいかず、『Whisky World』の原稿と画像選び。そして9月中旬に発行予定の『Whisky life』の原稿執筆、校正と続く。

 そういえば前回、眼の手術で休んだ『アナログ』の連載原稿もあり、そのテーマを決め3枚半ほど書いてしまう。今回のテーマはキルホーマンの100%のアイラだ。何が100%なのか、そのポイントをまとめてみた。この『アナログ』の連載は10年以上になる。1つの雑誌をこれだけ長く書いているのは、私としても初めてのことだ。もちろんワールドや通信を除いてということだが・・・。

 その『ウイスキー通信』の最新号が刷り上がり、その発送作業を昨日終えてしまう。今回は『コニサー倶楽部』も同時発行で、コニサーの方々には通信と一緒に送った。リニューアル第2号となった今回は、前回より4ページ増え、全20ページとなった。ほぼ通信の半分である。

 巻頭特集は、前回は厚岸蒸溜所の樋田社長のインタビューだったが、今回は私がアイリッシュの新しい蒸留所について語りおろした。なんといっても全38蒸留所のマップが目玉だろう。IWA(アイリッシュウイスキー協会)のマップより正確で(と思う)、最新の蒸留所も載っている。

 第2特集は前回はマスター・オブ・ウイスキーの論文についてだったが、今回はウイ文研の特別技術顧問、早川さんも交えて、ジャパニーズウイスキーの定義について5人で話し合った。

 スコッチやアイリッシュ、EUやアメリカン、カナダの定義を参考にしながら、ジャパニーズウイスキーはどうあるべきなのか、日本のウイスキーがグローバルスタンダードとして認められるには何が必要なのかを話し合い、それを8ページの座談会にまとめた。

 リオ・オリンピックで日本は盛り上がったが、4年後は東京である。多くの外国人が日本にやってきて、日本のウイスキーも飲まれるだろう。業界にとっても一大チャンスである。その時に、日本のウイスキーはこうですという定義が必要になってくる。日本酒もしかり、ワインもしかりで、メイド・イン・ジャパンとはどこまでを言うのか、東京オリンピックまでに、我々は決める義務があるのではと思っている。

 そのための一石になればと思って、今回の座談会を企画した。もちろん我々だけで決めることではない。8月31日のプレス発表以降は全力をあげて業界各社、有識者、ジャーナリストと連携を深め、誰もが納得するジャパニーズウイスキーの定義を作りたいと思っている。

 それは「世界5大ウイスキー」の1つとして数えられる日本ウイスキーの責務だと思っているし、世界に誇れるものでなくてはならないと思っているのだ。


160824_1.jpg


160824_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter