2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「PBOのカクテル&バーフェスタ2016」

 PBOのカクテル&バーフェスタの審査員とセミナー講師を頼まれていたので、11時すぎに銀座のコートヤード・マリオットホテルへ。フェスタは12時半スタートだったが、ウイ文研はブースも出展するため、その準備を見届け、大会実行委員の方々と打ち合わせ。カクテルコンペの審査員3名と顔合わせをし、審査の手順(今回は味覚だけでなく、技術審査もまかされている)や、出場選手10名のプロフィール、カクテルレシピ、点数の配分について教えてもらう。

 今回のカクテルのテーマが『ウイスキーと夏』ということで、コンペの総評もお願いされるが、そもそもカクテルコンペの審査員をやるのも久しぶりだ。

 それが1時半にスタートし、3時半からはセミナー会場でカバランウイスキーのセミナーも行う。時間が30分ということで、テイスティングアイテムはポーディアムとバーボンカスク、シェリーカスクの3種類。どれもソリストと違って46%でのボトリングだ。

 その時に参加者に配られたカバランの商品ラインナップを見て、こんなにも出ているのかとビックリ。特にソリストのスペシャルリミテッド、アモンティリャード、マンサニージャ、モスカテル、ペドロヒメネスの4種類が登場していて、感慨深いものがあった。

 これは昨年11月にカバランを訪問した際に、私が鏡板のところにサインした樽で、ようやくボトリングされ、そして日本でも数は限られているが、入ってきたものなのだ。1本68,000円と少々高いが、美味しさは郡を抜いている。樽も非常に貴重なものだ。

 ということで、セミナー終了後はブースにもどり、6時のクローズまで会場にいて、その後メイン会場で記念撮影。6月の大阪フェス、ウイスキートーク福岡のフェスに参加できなかったので、私としても久しぶりのフェス参加となった。

 いよいよ今週末は長和のウイスキー&ビアキャンプ、そして来月は琵琶湖のウイスキークルーズが待っている。


160821_1.jpg


160821_2.jpg


160821_3.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter