2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「スカイプを使ってGMの2人にインタビュー」

 オリンピック中継の柔道や体操を見ていたせいで、完全に寝不足である。変な時に眼がさめ、変な時に睡魔に襲われる…。

 仕方なく午前中の原稿執筆は諦め、昼頃にウイ文研。とりあえず『ウイスキー通信』、『コニサー倶楽部』の校正をして、3時半に築地のジャパンインポートシステムの事務所へ。日比谷線に乗るために広尾の駅まで歩いているとき、築地の駅を降りてジャパンまで歩いているときに、あまりの暑さにクラクラする。

 ジャパンに来た目的は、4時からスカイプを使ってGMのリチャード・アーカートさん、イアン・マッキントッシュさんにインタビューするため。もちろんスカイプを使ったインタビューなんて、私自身初めてだが、東京フェスでやるGMとベンローマックのセミナー、その前日の「GMファン感謝デー」についても、少し打ち合わせをしておきたかったので、9月終わりに出る『Whisky World』、10月の『ウイスキー通信』で、そのインタビュー記事を掲載することにしたのだ。

 リチャードさんはアーカート家の4代目。現在はベンローマックの担当重役ということもあり、主にベンローマックについてお聞きし、東京フェスのために用意してくれた、ベンローマック2008年蒸留のサンプル3種を、スカイプを使って2人で同時にテイスティングする。

 東京とエルギン、時差にして8時間。エルギンのGM本社に7時頃に出社してもらい、現地時間朝8時、東京時間の午後4時からインタビュー兼テイスティングを開始。東京は気温38度近くだったが、エルギンは15~16度だという(なんとも羨ましい)。

 結局、リチャードさんへのインタビューは1時間半ほどかかり、その後10分ほど休憩して、こんどは現社長のイアンさんへのインタビュー。イアンさんは地元スペイサイドの出身で、セント・アンドリュース大学を出たのち、GMに就職し、30年勤めてきたというベテランだ。主にGMの全製品の品質管理をまかされてきたという、GMのすべてを知る人物でもある。

 イアンさんには東京フェスの時に2つのセミナーを受け持ってもらうことになっているが、そのうちの1つ、GMの今を伝えるセミナーでは5種類のテイスティングを行う予定。その5種類を同じくスカイプを使って同時にテイスティング。

 コニサーズ・チョイスのストラスミル、トマーティン、カリラ、そして蒸留所ラベルのグレントファース、最後はマクファイルズコレクションのグレンタレットで、それぞれのウッドマネジメントが非常に興味深かった。さすがにフィリング(樽詰め)からボトリングまで、GMのすべての製品を知る男だけあって、その答えは明解であり、今までイマイチよくわからなかったGMのラインナップについても、目からウロコのような話を聞くことができた。ぜひセミナーを楽しみにしていてもらいたいと、改めて思った次第だ。

 ということで、リチャードさん、イアンさんとスカイプを使って10~12種類のテイスティングをし、7時すぎにインタビューは終了。そのままジャパンのT社長以下3人と、浜松町の中華へ行って、打上げ会。

 T社長が持参したバルデスピノのアモンティリャードや、ベンローマック10年、それにビールや紹興酒を飲んで、すっかり宴会気分。このところ、ずっとダイエットをしていたが、そんなことも忘れて大いに食べて、飲んでしまった。恵比寿の仕事場にもどって、さすがにオリンピック中継は見ずに、そのまま寝てしまった・・・。


160809_1.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter