FC2ブログ
1
2
4
5
7
9
12
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  01 ,2019

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「コンペの件、秩父、そして大阪フェスのボトル…」

 『ウイスキーガロア』の原稿書きが始まっているが、なかなか進まない。コンペのこと、検定のこと、コンサルの件、秩父ウイスキー祭り、大阪フェス、アイラツアー、ツアー後の取材、レクチャラー、ロンドン行き等、やることが一杯でガロアの原稿に集中できない苦しい日が続いている。それに輪をかけて歯医者、眼医者通いだ。どちらも横浜にあるため、その移動も含めると半日がつぶれてしまう…。

 と、嘆いていてもしょうがないので、連日ミーティング、ミーティング。連休明けの火曜日から毎日3~4件の打ち合わせを行っている。今日も午後からコンペのことで、PR会社と打ち合わせ。結局、審査員の組み合わせ、フライトの作成、当日の配膳スタッフの募集等でスポンサー探しができなかったため、表彰式とパーティーはやり方を変えて行わざるを得なくなっている。資金が集まらないのでしょうがない部分はあるが、ここはウイ文研らしく質実剛健(?)にやるしかないのかもしれない。賞の発表と表彰式、パーティーは5月下旬から6月上旬を予定しているので、まずは3月11・12日の審査会に今は全力を注ぐことになる。

 このところ連日、ジャッジ、フライトの組み合わせ、そして搬入されるエントリーボトルの仕分け、撮影におわれているが、いよいよ当日の進行、スタッフ配置、人材募集の件にミーティングを集中させている。2日間で集まるジャッジは180名。3つのセッションに分かれていて、中には2日間出れる人もいるから、のべにして総勢220名ほど。それに実行委員会、ウイ文研スタッフ、外部スタッフ、マスコミ取材を入れるとトータル400名近くになる。

 各セッションのテーブルは8~12テーブル。フライト数にして90~100フライト、総テイスティングボトルは450~500本近くになる。必要なテイスティンググラスは合計3000個。13日(日)のテイスター座談会の時にも話題になったが、各セッション70~80名近いジャッジが1000個近いグラスでブラインドテイスティングする様は、想像しただけで壮観でワクワクする。自前で動画撮影班も入れ、前編、後編30分くらいのドキュメント動画を作ろうと思っている。このコンペが、今後5年、10年と続くことを考えれば、貴重な時代の証言者になると思っているからだ。

 まあ、考えてみれば、それをわずか10人足らずのウイ文研のスタッフだけで(うちコンペ専属は2名のみ)やろうというのだから、無茶苦茶な話だが、いつも結果としてこうなってしまうのだから仕方がない。テレビCMではないが、「人間が想像できることは、いつか実現する…」。要はイマジネーション、未来のイベントをシュミレーションする個々の想像力・創造力だろう。

 と、ギリギリまで脳ミソを搾っていると疲れるので、合間に秩父の100mlボトル4種(今回は花シリーズだ)と、ちょっと早いが大阪フェスの私のセミナーのボトル5種を決めてしまう。100mlボトルはスコッチのブレンデッドモルトと、アメリカン、そしてラグビーワールドカップにちなんで、出場国でウイスキーを造っている国すべてのウイスキーをブレンドした、題してユナイテッドネーションズだ。さらに、このところ毎回恒例のジンは『秩父原人』と題して、日本、スコットランド、アイルランドのジンをミックスした。

 大阪フェスのボトル5種は、すべて私のオリジナル、プロデュースボトルで、うち3本はそれぞれ世界に1本ずつしかない。2本は私の還暦の時に詰めてもらったもので、ブルックラディのボトルは、マッキューワンさんが足して60年になるように、つくってくれたものだ。右端のコニャックは私がカミュに行った時に、私のオリジナルレシピで作ったスペシャルのXOだ。サライの山崎はオーナーズカスクで、『サライ』に頼まれて私が1樽選んだもの。読者プレゼント用で、私の手元に残った、これが最後の1本である。


s_190118_1.jpg


s_190118_2.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト