FC2ブログ
1
3
5
6
7
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「TWSCの各賞とピンバッジ、ANA…」

 あっという間に11月になってしまった。1日の木曜日は「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)」の実行委員会ミーティング。やることは山積みだが、ガロアやライフ、さらにエキスパート、検定、東京フェス等で忙殺されていて、なかなか集中する時間が取れない…。それでも、金賞、銀賞、銅賞、トロフィーの他に、各賞を決める話し合いを行う。

 それぞれのカテゴリーでトロフィーまで決まったあと、スコッチならスコッチで、その時のベストを決めたいと思っている。これは3月の審査の時ではなく、その後で特別審査員を招集し、再び横一線でブラインドテイスティングを行う予定だ。さらに、その先に無差別級ともいえる、各国を取り払った、シングルモルトとブレンデッドの、ベストワンを決めたいと思っている。つまり、世界中で造られているシングルモルトの中で1番は何かということだ。できれば、そのジャッジの様子は公開したいと考えているのだが…。

 それとは別に、当日のテイスティング審査ではなく、ジャッジ約180名と、実行委員会全員で、例えば「ベスト・ディスティラリー・オブ・ザ・イヤー」や、「ベスト・フォトジェニック・ディスティラリー・オブ・ザ・イヤー」、その他ベスト・ビジターセンター、ベスト・ディスティラリーグッズ、ベスト・デザイン賞など、現在20近い特別賞を考えている。もちろんベストブレンダーやベストメーカー、ベストイノベーター、ベストチャレンジャーなどもだ。

 実行委員会で、それぞれの賞の候補を10~20ほどリストアップし、それをジャッジ180名に送り、その中から投票で選んでもらうというものだ。もちろん、リストに挙がらなかったものの中から、ジャッジが選んでも構わない。その投票結果を待って、コンペ開催日に中間発表を行い、5月の授賞式までには、その年のベストを発表したいと思っている。最後はウイスキーエキスパート資格保有者全員にもアンケートを行おうと考えている。その結果も、今から楽しみだ。

 ということで、2日の金曜日はコンペの件で、汐留にあるANAのオフィスに行き、協力を要請。これからPRのためのスポンサーさがしも本格化する…。

 そのコンペの実行委員、ジャッジ用のピンバッジ(非売品)と、フェス等で販売する同じくコンペのロゴをあしらったピンバッジが完成して、オフィスに届いた。さっそく来週には、ジャッジの皆様にも送付しようと思っている。それ以外の人は、ぜひフェスで買っていただければと思っている。


s_181102_1.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト