FC2ブログ
1
3
5
6
7
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「銀座のロジェとカフェジン、カフェウオッカ…」

 このところ連日飲み会やら取材が続いている。昨日は銀座のロジェで鹿児島の佐多宗ニ商店の佐多さんら10名で豪華なディナー、飲み会。中心は今年6月にアイルランドの蒸留所を巡ったメンバー達である。佐多さんが造ったアブサンの「クスシキ」やウオッカで乾杯し、その後はロジェ自慢のワインを久しぶりに堪能した。最後の〆めは、BBRの1960年のビンテージポート(!)である…。

 今日は12時半すぎに南青山のニッカ・ブレンダーズバーに行き、1時からカフェジン、カフェウオッカについて、チーフブレンダーの佐久間さんにインタビュー。次号のガロアのジン特集用で、ジンやウオッカの造りについて詳細を聞くことができた。詳しくはガロアを見てのお楽しみだが、やはりカフェジンの造り方が面白かった。

 なんとカフェスチルとは別に、宮城峡には、ジンを造る銅製、ステンレス製のスチルが計3基あり、それでボタニカルを浸漬させて造っているのだという。それもステンレス製のものは、ニッカが特許を持つという減圧蒸留だ。40℃くらいで、主に柑橘系のボタニカルを蒸留するのだとか。もちろんベーススピリッツはカフェスチルで蒸留した特別のスピリッツ。それも、いわゆる麦芽原料のカフェモルト・スピリッツと、トウモロコシ原料のカフェグレーン・スピリッツの2つを分けて造っている。つまり、相当に手のこんだ、そして複雑な造りをしているのだ。

 インタビューと撮影は1時間ほどで終了し、そのままウイ文研のオフィスにもどり、3時半から東京フェスの動画撮影の打ち合わせ。来年のフェスのこともあり、11年目にして初めてスチルだけでなく、ムービーでもフェスの記録を残しておきたいと思ったからだ。いずれユーチューブにもアップしようと思っている。

 そのミーティングの合い間にフェスで売り出す「ポットスチルポスター」の入稿データの確認。A1サイズで出力してみたが、これがなかなか見事なできだ。刷り上がりはフェスぎりぎりだが、当日は500部ほどを売りたいと思っている。

 その後、5時すぎにウイ文研を退社して恵比寿の仕事場にもどり、再びガロアのジン特集の原稿書き。巻頭のジンについてのQ&A、約16枚を書き上げてしまう。次号ガロアはジン特集だが、それ以外に4大スピリッツのテキーラ、ラムについても特集する予定だ。明日はそのために六本木の「アガベ」で、テキーラの林さんにインタビューである。


s_181115_1.jpg


s_181115_2.jpg


s_181115_3.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト