FC2ブログ
1
3
4
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
24
25
26
27
28
29
31
  08 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ぶらり旅 2日目、小樽編」

 ぶらり旅の取材2日目。今日は8時50分にホテルをチェックアウトし、9時すぎの列車で南小樽へ。そこから歩いて、10時に田中酒造の亀甲蔵に行く。ここは北海道産の米100%を使った日本酒の蔵で、北海道にある12の酒造のひとつ。小樽ではここだけという。代表銘柄は「宝川」だが、最近は「北の一星」も人気だとか。案内してくれた小野さんについて、蔵を見て回る。見学後は、すべての製品の試飲で、日本酒だけでなくリキュールや焼酎なども味見することができた。変わり種としてはヒエから作るアイヌの酒というのもあった。

 その後、小樽に移動し北一ガラスから運河の周辺を取材し、昼はやはり小樽といえば海鮮なので、「どんぶり茶屋」に行き、名物の千代丼、三色丼などをいただく。次のアポが2時で、少し時間があったので、運河沿いにある小樽ビールに行き、一杯だけビールを飲んで休憩。再びタクシーで、南小樽にもどり、昔ながらの蒲鉾で有名な「大八栗原蒲鉾店」。3代目の栗原さんに話をうかがい、店の地下にある工場で、「大八蒲鉾」を見せてもらった。昔ながらの角焼カマボコで「ダンチュウ」で見て以来、訪れてみたいと思っていたのだ。さっそく大八カマボコ、もちろん、それ以外もすべて試食させてもらう。思わず、お土産に買い求め、それらを宅配便で自宅に送ってもらった。

 そこを出たのが2時前で、歩いて10分ほどのところにある、今回最後の取材となるバー「ハッタ」へ。オーナーバーテンダーの八田さんとはもう20年来の知り合いだが、実際に訪れるのは今回が3~4度目だ。

 炎天下を行ったり来たり、かなり歩いてもいたので、まずは季節のフルーツを使った八田さんオリジナルのカクテルをいただく。小樽・余市は果物栽培で有名なところで、その土地柄をいかしたカクテルを作りたいということで始めたのだという。夕張産のメロンを使ったカクテルだったが、これが実に美味!! 思わずゴクゴク飲んでしまった。

 落ち着いたところで、最後の〆めは札幌フェスオリジナルのハイランドパーク。「北の強者」と、北の大地でのフェスをかけて、ラベルにはキタキツネが描かれている。これも〆めにふさわしく、美味しいハイランドパークで、八田さんとのトークも弾んでしまった。

 日曜の夜から丸2日間。今回のぶらり旅も飲んで食べての充実した旅となった。9月12日発売のガロアを楽しみにしてほしいと思う。


s_180807_1.jpg


s_180807_2.jpg


s_180807_3.jpg


s_180807_4.jpg


s_180807_5.jpg


s_180807_6.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト