FC2ブログ
1
3
4
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
24
25
26
27
28
29
31
  08 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ぶらり旅、札幌編」

 本格的なぶらり旅の取材開始。まずは地下鉄南北線で真駒内に行き、9時半すぎに紅櫻蒸溜所へ。まだスチルが入る前の寒い季節に来たことがあったが、スチルが入ってからは初めて。物置小屋が見違えるように、立派な蒸留所となっている。

 蒸留担当はウイ文研会員でもあるKさん。昨年、厚岸蒸溜所ツアーに参加し、検定試験を受けていたのを思い出す。あれから、ちょうど1年だ。スチルはウイ文研がコンサルタントとして、イタリアのバリソン社から入れたもの。通常バリソン社のスピリッツ用スチルは、コラム塔が横に付属しているが、できるだけシンプルにということで、それを外しての発注を行った。もちろん図面では見ていたが、実物を見るのは初めてだ。

 本坊酒造のマルス津貫にあるのと同じで容量は400リットルだが、ヘッドの形状も津貫とは変えている。実際のコンサルは1年弱だったが、こうして完成した姿を見ると、感慨もひとしおだ。あとはいつか、池の畔に建つ白いチャペルでウイスキー造りが始まればと思う。

 10時すぎに紅櫻を出て、再び南北線ですすきのにもどり、11時にジンギスカン、羊飼いの店『いただきます』へ。ここは北海道で唯一、自社で牧場をもちサフォーク種の羊を育てているところで、ホンモノのラム肉や、珍しい内臓も出す店だ。11時というのに店の前にはすでに行列ができていた。案内してくれたTさんの説明を聞きながら、ラムのジンギスカンをいただく。

 一度ホテルにもどり、その後3時すぎに大倉山に行って、大倉山シャンツェの上の展望台にリフトで上がる。これが、なかなか面白い。天気もよく、眼下に札幌の街が見わたせる。とりあえず写真を撮り、再びすすきのにもどって5時に「ボウバー」へ。ここはトンデモないボトルのオンパレードで、貴重なオールドボトルのタムドゥーや、アルマニャック、そしてイタリアのグラッパの巨匠、ロマーノ・レヴィさんのお宝、手描きラベルの1960年代のボトルまで飲ませてもらう・・・。まさに至福の時を味わわせてもらった。

 その後、「ボウバー」のHさんに教えてもらった寿司屋で美味しい寿司を堪能。そのまま腹ごなしをかねて、すすきのから狸小路、そして大通公園と夜の札幌を歩いて、写真を撮影。かくして、ぶらり旅の”札幌編”は終了。それにしても札幌は涼しい。日中こそ26~27度くらいで、日差しは強烈だが、夜になると急激に下がり、朝晩は16~17度に下がるのだ。

 ホテルもクーラーいらずで、逆に夜は寒いほどだった。東京にもどるのが、コワイ…。



s_180806_1.jpg


s_180806_4.jpg


s_180806_2.jpg


s_180806_3.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト