1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ニッカ、キリンのインタビューとマルス信州」

 昨日は朝10時に南青山のニッカ本社に行きチーフブレンダーの佐久間さんにインタビュー。もちろん第6号の『ウイスキーガロア』のためで、久しぶりに佐久間さんから話を聞くことができた。

 その後、一度ウイ文研にもどって山のような仕事を片付け、再び2時にこんどは中野のキリン本社に行き、同じくチーフブレンダーの田中城太さんにインタビュー。これでサントリー、ニッカ、キリンと3大メーカーのブレンダーに話を聞いたことになる。

 そのままJRで恵比寿にもどり、駅前のパレットタウンでインドのヴィザ申請のための写真を撮る。インドに行くのにヴィザが要ることは知らなかった。なにしろ最後にインドに行ったのは1981年のことである。

 証明写真を受け取り、5時前にウイ文研。再び山のような事務仕事を片付け、7時前には仕事場にもどる。

 今日は再び新宿から朝イチの高速バスに乗り、長野県宮田村のマルス信州蒸溜所を目指す。快晴で山々がくっきり見えるが、バスの中では大好きなサリフ・ケイタの音楽を聴きながら、ひたすら睡眠。

 中央道の駒ヶ根インターに着いたのが12時半すぎで、工場長の竹平さんが出迎えに来てくれた。その竹平さんの車で、まずは南信州ビールが飲めるレストランで、ソースカツ丼の昼食。道中から見る中央アルプスの宝剣岳、駒ケ岳、そして対岸の南アルプスが、まさに絶景。ちょうど紅葉が見頃で、白い河原と緑の木々、そして紅葉の対比が見事である。

 昼食後1時半すぎに蒸溜所に到着し、さっそく取締役の久内さん、工場長の竹平さんにインタビュー。本坊酒造は他のサントリーやニッカ、キリンとは違うため、お2人にインタビューという形となった。本坊さんには、大手メーカーのようなチーフブレンダーという存在がいないからだ。

 今回ガロアの特集で4社に同じような質問をしてみたが、4社4様で、それはそれで実に面白かった。変わらぬものと変わるもの。不易流行という言葉があるが、不易流行とは、各社が取り組んでいるチャレンジ精神にあるのではないかと、今回改めて感じた。ということで、インタビュー後はいつものように一般的な見学路を工程順に案内してもらう。

 マルスの津貫も信州も、この一年で2度ほど訪れているが、そんな短期間であるにもかかわらず、来るたびに新しいことが起きている。これだから蒸留所通いはやめられないのだが・・・。

 帰りは再び駒ヶ根インターから高速バスに乗り3時間半!新宿に着いたのは8時半を過ぎていた。


171107_1.jpg


171107_2.jpg


171107_3.jpg


171107_4.jpg


171107_5.jpg







* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト