1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「山崎蒸溜所の取材と懇親会・・・」

 『ウイスキーガロア』第6号の取材のため朝イチの新幹線で京都、山崎に向う。今回のガロアの巻頭特集はジャパニーズウイスキー。創刊号ではジャパニーズのクラフトを取り上げたので、年末となる今号はメジャーな蒸留所ということで、山崎、白州、知多、余市、宮城峡、御殿場、そしてマルス信州にスポットを当てることにした。

 といってもガロア的な切り口が必要なので、今回は各蒸留所でどんなツアーが行われているのかを中心に見ていくことにした。ここ1~2年で、スコッチもそうだが多くの蒸留所で見学ツアーが有料になっている。しかも事前予約が必要なところがほとんどだ。その有料ツアーでは、今までと違ってどんなところが見られて、どんなテイスティングができるのか、それを実際に体験してみようということになったのだ。いわば「蒸留所ツーリズム」の現場リポートである。

 さらにこれもガロア的だと思うが、サントリー、ニッカ、キリン、本坊の各チーフブレンダー、あるいはディスティラーに、私がインタビューをすることになった。そのためもあり、もう一度、各蒸留所を私自身、できるかぎり回るつもりでいるのだ。

 その手始めがサントリーの山崎蒸溜所。広報のNさんやマスター・オブ・ウイスキーのSさんらの出迎えを受け、さっそく一般の工場見学をスタート。ひとおとり見て回った後は、1000円、2000円の2つあるコースのそれぞれのテイスティングも体験させてもらう。どちらも、この値段でこれだけのものがテイスティングできるとは、驚きである。毎回、予約がすぐに埋まるというのも、うなずける気がした。

 その後3時から、チーフブレンダーの福與さんにインタビュー。非常に興味深い話が聞けたが、それは本誌を読んでのお楽しみだ。

 さらに、せっかく山崎に行ったのだからということで、ちょっと早かったが5時すぎから駅前のお店で、Nさん、Sさん、そして福與さんらを交えて6人で懇親会。福與さんは仕事を終えてから駆けつけられたが、山崎やジムビーム、メーカーズマーク、ノブ・クリークのハイボール、ロックを飲みながら、新幹線の終電ギリギリまで、すっかり飲んで、食べてしまった。

 結局、恵比寿にもどったのは12時ちょっと前。3連休は再びアイリッシュの原稿のため、仕事場にこもって執筆である。


171102_1.jpg


171102_2.jpg


171102_3.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト