1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「余市蒸溜所取材と紅桜公園・・・」

 昨日の火曜日は朝イチ、9時の飛行機で北海道へ。新千歳空港に着いたのが10時半すぎで、エアポート快速に乗り小樽を目指す。そこから先、余市までは函館本線のローカル列車で約20分。みぞれ混じりの冷たい雨が降る中、12時半すぎに余市に降り立った。

 余市蒸溜所を訪れるのは、ほぼ2年ぶりくらい・・・。今回は『ウイスキーガロア』の第6号の取材で、ライターもカメラマンも調整がつかなかったので、私一人での取材となった。

 出迎えてくれたのは赴任したばかりという工場長の三明さんと、ニッカサービスの三上さん。そしてツアーガイドの斉藤さんの3人。さっそく斉藤さんに案内されて、一般の見学コースにそって余市を見せてもらうことに。

 宮城峡でも思ったが、ニッカのツアーガイドの女性陣の真っ赤なコートが、実に蒸留所の風景にマッチしている。特に日本海側の、冬特有の雨やみぞれ、曇天の日にはことのほか鮮やかだ。

 余市のツアーは基本的に無料。ツアーのハイライトは何といっても、世界に唯一の石炭直火の蒸留釜。今はフル生産なのか、職人がタイミングよく石炭を投入するところも見ることができた。

 その後、これは一般ルートにはないが、取材ということでリタハウスの中も久しぶりに見学。ツアーの最後は、お楽しみの3種のテイスティングで、これも無料だというのがスゴイ。

 シングルモルト余市にスーパーニッカ、そしてアップルブランデーの3種だが、セルフサービスのカウンターには水も氷も、そしてソーダも用意されている。

 さらに驚いたのが簡単なつまみ類が自動販売機で買えるということだ(!)。これは有料だが、見ているとつまみを買い求めるツアー客の列ができている。それにしても、あちらこちらから聞こえるのは韓国語と中国語である。これで冬になると、オーストラリアからのツアー客も増えるという。彼らの人気スポットであるニセコが近いからだという。

 そんなこんなで夕方4時に取材を終了し、再び列車を乗り継ぎ札幌へ。駅前のホテルで1泊し、今日は午前中、雪の降る中、車で15分ほどの距離にある紅桜公園へ。ここで現在、ジンの蒸留所のプランが進行していて、その現場を見に行くためだった。

 帰りのフライトの時間があるので駆け足だったが、2万坪強の個人所有(!)の公園を見せてもらい、最後は園内にある名物のジンギスカン料理をいただく。まさかジンつながり(?)ではないと思うが。

 結局12時に公園を後にして札幌駅にもどり、再びエアポート快速で新千歳空港へ。2時のフライトで東京にもどり、そのままウイ文研事務所に行く。フェスやガロア(映画と雑誌両方)、ソサエティー、週末の水戸の3つのセミナー、森永のカレドショコラの件などを詰めて、6時すぎに恵比寿の仕事場にもどる。

171115_6.jpg


171115_1.jpg


171115_2.jpg


171115_3.jpg


171115_4.jpg


171115_5.jpg




* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト