2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「湖水地方とレイクス蒸留所」

 『ウイスキーガロア』の入稿・下版作業は一段落したが、相変わらず『世界の名酒事典』、『サライ』、そして検定合格者向けの『ウイスキーライフ』の編集・校正作業が続いている。先週土・日のエキスパート試験の問題づくりの合間にもやっていたが、まだまだ終わらない。

 そのエキスパートの試験問題づくりの続きを月・火とやって、昨日は午後、『食楽』のインタビュー。サライもそうだが、この秋から冬にかけて、各誌ウイスキー特集が目白押しだ。今、ウイスキーは本当にスゴイ時代になっているのだと思う。まさか、こんな時代がくるとは誰も考えてもいなかっただろう。

 ライフ、エキスパートの問題づくりと並行して、東京フェスや、来年2月の第6回ウイスキー検定のミーティングも続いている。さらに『ウイスキーガロア』の第6号のミーティングもだ。そんなインタビューやミーティングが続いたあと、昨夜は7時から恵比寿の和食屋で国分の人たちと会食。

 今日は午前中、試験問題の校正。一方で、東京フェスの記念ボトル、セミナーの準備も着々と進んでいる。今年は東京フェス10周年ということで、オリジナルボトルを3種類出すことにした。1つは超目玉の秩父。9月上旬に秩父に行き、樽を選んだものだ。

 もう2つはアデルフィーのプルトニーと、ドイツのボトラーからのレダイグ。どちらも第1回東京フェスが開かれた2007年の蒸留だ。

 セミナーは、もうソールドアウトになっているものもあるが、なんといっても注目は湖水地方のレイクス蒸留所だ。創業者の一人はアラン蒸留所を創業したハロルド・カリー氏の息子、ポール・カリー氏だ。3年前にダーウェント川の畔にある蒸留所を訪れ、ポールさんとも話したが、見事な蒸留所である。

 何といってもロケーションがスゴイ。湖水地方の中でも最も美しいといわれるダーウェント湖の近くで、横を流れるダーウェント川の景色はうっとりするような美しさだ。イギリスの田園地帯の美しさは世界一で、その中でも湖水地方の美しさは群を抜いている。

 よく「ローマ人が都市をつくりイギリス人が田園をつくった」と言われるが、湖水地方やコッツウォルズの田園地帯に行くと、そのことがよく分かる。田園の美しさではスコットランドもイングランドにはかなわない。イギリスの本質は田園にこそ、存在するのだ。

 しかも湖水地方は世界最大の自然保護団体ナショナルトラスト発祥の地で、現在は世界遺産にもなっている。私自身、1989年に初めて訪れて以来、今年で30年近くになるが、この湖水地方が存在することはイギリスの宝というより、人類全体の宝だと思っている。

 そんな湖水地方に誕生した唯一の蒸留所が、このレイクス蒸留所なのだ。来日するポールさんと話をするのを、私も今から楽しみにしている。



171018_1.jpg


171018_2.jpg


171018_3.jpg


171018_4.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト