1
2
5
8
9
11
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「最高の天気に恵まれた長和フェス」

 金曜日は11時前に秋葉原に行き、「モダンモルト・ウイスキーマーケット2017」の記者発表と、プレスのプレビューだけに出席。時間がなく、オープニング直後に会場を後にしてウイ文研事務所へ。

 午後は長和のミーティングや、ガロアの編集作業、ウイスキー検定の解答づくりの作業をして、6時前には恵比寿の仕事場にもどる。急いで長和フェスの準備をして、11時すぎに就寝。

 昨日は5時に起きて、新宿発7時のスーパーあずさに乗り、一路茅野駅へ。車内ではサリフケイタの音楽を聴きながら爆睡。駅に着いたのは9時すぎで、ここでビールの藤原さんと合流し、長和町の迎えの車で、会場となるスキー場を目指す。

 昨年は茅野駅を降りたらドシャ降りの雨で、思わずコンビニに寄って雨具を買ったが、今年は快晴である。結局、フェス両日とも見事な天気に恵まれ、今年のフェスのキャッチフレーズ、「7年目にして最高のでき!」ではないが、最高の天気に恵まれた。

 フェスは予定どおり初日は11時からオープン。今年は会場を倍くらいに広げたせいもあり、開放的な空のもと、じつに快適なフェスとなった。夕方には毎年恒例の「モルトーク」、そしてキャンプファイヤーとなり、一日目は終了。

 2日目の今日は10時オープンで、今年初めてやる「ウイスキークイズ」を12時からゲレンデの緑スロープで行う。参加者は100名ほどで、用意したクイズを○×で答えてもらうというもの。15個くらい問題を用意していたが、最終的に第11問目で優勝者が決まり、ウイ文研が用意した懸品のアイラミスト・マンサニージャ・フィニッシュのボトルを手にしていた。

 もちろん、2日目も最後は「モルトーク」、今年は両日とも出席者は同じ5名であったが、クラフトビール、クラフトウイスキーについて、熱い本音トークが飛び出した。

 ということで2日間のフェスも予定どおり5時には無事終了し、ブース撤収後に再び車で茅野駅まで送ってもらい、7時51分発の特急あずさ号で新宿に向う。とにかく最高の天気に恵まれた、サイコーなフェスとなったことはたしかだ。来年は果たして天気はどうなるのか・・・。



170910_1.jpg


170910_2.jpg


170910_3.jpg


170910_5.jpg


170910_4.jpg


170910_6.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト