1
2
5
8
9
11
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『サライ』の取材でマルス津貫蒸溜所へ」

 昨夜は佐多さんたちと鹿児島市内の豚しゃぶ屋で懇談会。11時近くまで飲んで(昼間から合計すると30種類以上の焼酎、サンプルを飲んだことになる・・・)、城山観光ホテルへ。

 今朝は5時前に起きて、ホテル自慢の露天風呂に。眼の前に桜島を望む絶景の露天風呂で、朝日が昇る前の一時を湯の中から愉しんだ。いつ来ても思うことだが、城山観光ホテルから眺める桜島は見事としかいいようがない。

 その後9時にサライのOさん、カメラマンのMさんと合流し、車で本坊酒造のマルス津貫蒸溜所に向う。11月発売の『サライ』でウイスキー特集をやるためで、津貫へは昨年11月のオープニング以来となった。

 あの時は多くの来場者とタイトなスケジュールでゆっくり見て回ることができなかったが、今回は我々3人だけの取材なので、1つ1つゆっくりと見て回り、新たな発見がいくつもあった。ここも10月21・22日のウイ文研ツアーで訪れる予定になっているので、今から楽しみだ。

 訪れた時は9月下旬からの仕込みに向けて、ウイスキーの設備はメンテ中だったが、ジンはちょうど蒸留の真っ最中。その後、ビジターセンターである寶常に移り試飲と撮影。マルス信州蒸溜所の原酒を津貫で熟成させたものが、昨年のオープニングの時に限定発売されたが、今回新しく加わったのが、その1年後の状態を知ることができる津貫蒸溜所限定の「駒ケ岳」のボトルだ。

 これも試飲させてもらったが、実に美味!昨年のものもスゴイと感じたが、あれから1年近くたち、より味が深まっている。蒸溜所でしか買えないということもあり、思わず1本買ってしまった。

 佐多宗二商店、マルス津貫と2日間の取材も終わり、鹿児島市内でイチオシというトンカツを食べた後、4時15分のフライトで東京にもどる。いよいよ明日からはガロアの原稿である・・・。


170914_1.jpg


170914_2.jpg


170914_3.jpg


170914_4.jpg


170914_5.jpg







* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト