1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
19
20
21
23
24
25
29
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「鹿児島ツアーと次号のガロアの特集・・・」


 大阪から戻ってきて月曜日はガロアの原稿と、相変わらず検定の問題作り。さらに長和、琵琶湖等のミーティングが続いている。

 遅れていたが長和の有料試飲・無料試飲のボトルを選び、それを撮影。100mlのお土産ボトルは今回も3種つくるが、それのほうはまだ中身も決まっていない状態だ。同時に琵琶湖のほうのミニボトルも決めなければならない。

 検定、長和、クルーズと目白押しだが、そうこうしているうちに東京フェスについても決めなければならず、特にセミナーについてのミーティングを行う。今年も海外からビッグゲストを招きたいと思っているのだが、なかなかスケジュール調整が難しい・・・。粘り強く交渉しているが、はたしてどうなることやら。

 今月下旬に検定がらみで厚岸ツアーも行うが、10月21・22日にはウイ文研ツアーとして鹿児島のマルス津貫、そして焼酎・スピリッツの佐多宗二商店も訪れる予定だ。佐多さんのところは「晴耕雨読」で有名だが、今はスチーム加熱の単式蒸留器でユニークなスピリッツも造っている。

 そのツアー(芋掘り体験もさせてもらえる)の件で火曜の夕方からはガロア・テイスターの平田さんも交えてミーティング。平田さんにも同行してもらおうと思っているからだ。ガロア的にはジャパニーズスピリッツである鹿児島の芋焼酎、そして奄美の黒糖焼酎はぜひやりたいと思っている。

 今日は昼すぎにウイ文研に行き、まだ第4号のガロアが終わっていないという状況にもかかわらず、次号、第5号(10月30日発売予定)のコンテンツ、広告のミーティングを行う。

 4号はスコッチのクラフト蒸留所を大特集しているが、5号は「アイリッシュの逆襲」と題して、アイリッシュのクラフトを中心に紹介したいと思っている。9月18日(月)にブラッシュアップセミナーをやることもあり(テーマはアイリッシュのクラフトだ)、今アイリッシュの蒸留所を整理している最中だ。

 すべてはカバーしきれないので、おそらく2~3号に分けてやることになると思うが、見たこともないような、アイリッシュの蒸留所もお見せしたいと思っている。

 もっとも、その前に第4号のガロアだが・・・。


170809_1.jpg


170809_2.jpg


170809_3.jpg


170809_4.jpg


170809_5.jpg







* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト