FC2ブログ
1
3
5
15
16
17
19
21
22
25
26
28
29
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR

 

「厚岸ツアーに鹿児島・津貫、佐多宗ニ商店ツアー・・・」

 アイルランドに行く前で、なにかと忙しい日々が続いている。昨日は昼すぎから立て続けにミーティングが2件と、テレビ東京のインタビュー。

 ミーティングはスコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティ(SMWS)のFさん、そして長和フェスのF君の2件。テレビ東京のインタビューは朝のニュース番組の取材だ。それが終わって、6時半に築地に行き、こんどは鹿児島の佐多宗ニ商店の佐多さんと会食。

 10月にマルス津貫と佐多さんのところの焼酎蔵をウイ文研のツアーとしてやるため、そのミーティングも兼ねての会食。「田村」の絶品料理をいただきながら、佐多さんのところの焼酎、そしてスピリッツなどをテイスティングさせてもらう。

 結局3時間ほど佐多さんと熱い蒸留談義をくり広げ、10月の再開を約束してお開き。そのまま日比谷線で恵比寿の仕事場にもどる。

 今日は朝から第5回ウイスキー検定の問題づくりと、アイルランドの準備。連日の猛暑と湿気、それに疲れもあり、なかなか作業がはかどらない。本当は次号の『ウイスキーガロア』の原稿も取りかからなければならないのだが・・・。

 そういえば検定の開催を記念した厚岸蒸溜所ツアーは、申込みとほぼ同時に30名の定員に達し、キャンセル待ちとなってしまった。私はそのまま厚岸に残り、検定の試験監督。そして翌日は釧路の酒場紀行だ。

 これはガロアの新企画で、ワールドでやっていた酒場紀行を、いわばガロア流にやろうというもの。もちろん、そのココロは”酒蔵ツーリズム”。蒸留所や酒蔵を回って、独自のディスカバージャパンをやりたいと思っている。

 手始めは7月下旬の静岡だが(ガロア第4号)、その後、厚岸、釧路、そして鹿児島と続く予定だ。蒸留所だけではなく地ビール会社、ワイン、日本酒の醸造元、そして焼酎、ジンなども視野に入れている。

 アイルランドからもどったら、再びバーボンセミナー、そしてショコラとウイスキー(シングルモルト3種にテネシー)、ショコラとコニャックのマリアージュセミナーも待っている。

 セミナーの前半はショコラコンシェルジュの平田さんがショコラについて、その基本を講義し、後半は私がお酒について説明し、2人でマリアージュについて述べるつもりだ。

 スコッチのシングルモルト3種、アメリカンのテネシー、そしてコニャック2種と、あえてタイプの異なる個性の強いものを選んでいる。それにショコラをどう合わせてくるのか、私も楽しみだ。

 とにかく、6日(木曜日)からアイルランド取材である。今回は南のコークから入ってアイルランド共和国北端のクーリーまで、10~12ヵ所ほどの蒸留所を回ってこようと思っている。


170704_1.jpg


170704_2.jpg


170704_3.jpg


170704_4.jpg







* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト