1
2
4
6
7
10
11
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2017

プロフィール

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky World』(2005年3月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「八重洲ブックセンターで販促イベント」

 ちょっと前に新年を迎えたばかりだと思っていたが、もう3月である。『ウイスキーガロア』創刊の感慨にひたる間もなく、もう2号の企画、編集に取りかかっている。

 昨日は発売記念イベントとして、東京八重洲の「八重洲ブックセンター」で、販促イベント。入口の所に特設コーナーを設け、そこで道往く人々に『ウイスキーガロア』のことをPRした。

 何度となく雑誌の創刊に立ち会って来たが、こんなイベントをやるのは初めての経験。まさか還暦を過ぎて、こんな経験ができるとは思ってもいなかった。・・・ただ寒い!吹きっさらしなので、ビル風がこたえるのと、昼すぎには雨も降ってきた。

 結局1時間半ほどいて、あとはスタッフ3人にまかせ私は地下鉄を乗り継いで表参道のニッカ本社へ。そこの会議室で開かれた「ブラックニッカの戦略説明会」に出席。ブラックニッカ生誕60周年で昨年「ブレンダーズスピリット」という商品がでたが、それが発売1ヶ月ほどで売り切れたため、この3月から新たに第2弾が発売されることになったのだとか。

 その発表も兼ねての説明会だったが、今年は5月とさらに秋頃に、特別の新商品も出るという。ブラックニッカの勢いはまだまだ続く…。

 今日は11時半にお台場のサントリーに行き、マッカランのマスターディスティラー、ニック・サベージ氏にインタビュー。「ダブルカスク」のお披露目のために来日したもので、日本に来るのも、アジアに来るのも初めてだという。

 インタビューは次号の『ウイスキーガロア』用で、1時間半ほど話を聞き、その後広報のEさんらと「ウイスキーヴォイス」で昼食。一度、恵比寿の仕事場に寄り、3時半にウイ文研。7時からは、今年初めてとなる「スコ文研テイスティング」。

 ガロアの”ザ・テイスティング”で取り上げた6種類のボトルについて、1本1本解説をしながら飲んでゆく。6本中4本がジャパニーズだったが、中ではエイコーンのオリジナルであるイチローズモルトが秀逸な出来だった。

 バーボン樽で3年ほど寝かせたのちに、クリームシェリーのカスクに詰め替え、再び3年ほど熟成させたもので、かすかなピート香と、トロピカルフルーツが奥のほうに感じられ、バランスも申し分ない。2010年蒸留ということだが、この頃から秩父の酒質が安定し、磨きがかかってきたのかもしれない。

 ということで、9時半頃に終了とし、恵比寿の仕事場にもどる。さすがに午前中からマッカラン、さらに知多のハイボール、夜にテイスティングの6アイテムを含め、参加者の持ちこみ5種類ほどを飲み続けるとシンドイ…。やはり、疲れもピークに来ているようだ。


170303_1.jpg


170303_2.jpg


170303_3.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト