FC2ブログ
1
3
4
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ガロア、検定テキスト、ひたすら原稿の日々…」

 8月11日からウイ文研はお盆休みに入っている。毎年この時期には佐渡に帰ろうと思っているのだが、今年もとうとう実現できなかった。もう6年もそんな状態が続いている。

 この5日間、外に出たのは2回だけで、ほぼ終日恵比寿の仕事場にこもってガロアの原稿、検定テキストの原稿、それらの校正、そして『世界の名酒事典』の校正におわれている。平日はウイ文研でミーティング、来客があるため、原稿執筆、その校正はどうしても週末の休みか、こうしたお盆などの連休に、集中してやらざるを得ないからだ。もっとも、ほとんど土・日はセミナーや地方出張でつぶれているが…。

 それでも11日の土曜日は夜、昔の佐渡高校山岳部のOB7名が集まって、恵比寿のビアホールで久しぶりに飲むことに。私が山岳部に入ったのは高1の秋、15歳の時だったので、もうかれこれ50年近くになる。50年といえば半世紀だ。高2の春に、新入生勧誘で入ってきたのがフェルミエのHさんだ。つまり1年下の学年ということになる。私の代の仲間は、あらかた定年退職してしまった。久しぶりに高3の夏にみんなで登った新潟の八海山の話になり、楽しかった。当時はハンゴウで米を炊いていた。文字どおり、同じ釜のメシを喰った仲間である。

 13日の月曜は、六本木のフレンチレストランで『世界の名酒事典』の座談会。出席者はワインライターの葉山さんと、ワインのオーソリティー、弁護士の山本先生、そして私の3人である。名酒事典が初めて世に出たのは1978年のことで、ちょうど今年で40年になる。私がウイスキーの章を担当するようになったのは1996年頃で、すでに20年以上。それ以前、ウイスキーの章は福西さんが担当していた。

 座談会は、78年当時は何をしていたかという話からスタートしたが、私はその頃、ウイスキーや酒とはまったく無縁の世界にいた。1975年、21歳の時から西チベット、ラダック・ザンスカール地方に通い、チベットのフィールドワークをしていたからだ。78年はその資金を貯めるため、塾の講師などのバイトをかけ持ちしていた。飲んでいたのは、もっぱらサントリーのホワイトくらいで、ワインとも縁がなかった。

 ウイスキーとのきっかけは、写真週刊誌『フォーカス』(チベット後、81年から87年までいた)を辞め、イギリスに渡ってからだ。87年秋に渡英し、88年4月からロンドンで日本語情報誌『ジャーニー』の編集をしていた。その時行ったエジンバラで、スコッチのシングルモルトに出会ったのが、きっかけだ。考えてみれば、それから今年でちょうど30年。

 ということで(?)、11月の東京フェスではその30年を記念してスペシャル・テイスティングセミナーをやることにした(もちろん、急な思いつきだ)。手もとにある1950年代蒸留のグレングラント、ハイランドパークを出そうと思っている。さらに今年は初めての2日間開催なので、もう1つ別のセミナーも企画中だ。これは30年とはまったく関係がないテーマで、テイスティングを行うつもりだ。

 盆が明ければ、再び怒涛のスケジュールが待っている…。


s_180815_1.jpg


s_180815_2.jpg

s_180815_3.jpg







* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト

 

「ぶらり旅 2日目、小樽編」

 ぶらり旅の取材2日目。今日は8時50分にホテルをチェックアウトし、9時すぎの列車で南小樽へ。そこから歩いて、10時に田中酒造の亀甲蔵に行く。ここは北海道産の米100%を使った日本酒の蔵で、北海道にある12の酒造のひとつ。小樽ではここだけという。代表銘柄は「宝川」だが、最近は「北の一星」も人気だとか。案内してくれた小野さんについて、蔵を見て回る。見学後は、すべての製品の試飲で、日本酒だけでなくリキュールや焼酎なども味見することができた。変わり種としてはヒエから作るアイヌの酒というのもあった。

 その後、小樽に移動し北一ガラスから運河の周辺を取材し、昼はやはり小樽といえば海鮮なので、「どんぶり茶屋」に行き、名物の千代丼、三色丼などをいただく。次のアポが2時で、少し時間があったので、運河沿いにある小樽ビールに行き、一杯だけビールを飲んで休憩。再びタクシーで、南小樽にもどり、昔ながらの蒲鉾で有名な「大八栗原蒲鉾店」。3代目の栗原さんに話をうかがい、店の地下にある工場で、「大八蒲鉾」を見せてもらった。昔ながらの角焼カマボコで「ダンチュウ」で見て以来、訪れてみたいと思っていたのだ。さっそく大八カマボコ、もちろん、それ以外もすべて試食させてもらう。思わず、お土産に買い求め、それらを宅配便で自宅に送ってもらった。

 そこを出たのが2時前で、歩いて10分ほどのところにある、今回最後の取材となるバー「ハッタ」へ。オーナーバーテンダーの八田さんとはもう20年来の知り合いだが、実際に訪れるのは今回が3~4度目だ。

 炎天下を行ったり来たり、かなり歩いてもいたので、まずは季節のフルーツを使った八田さんオリジナルのカクテルをいただく。小樽・余市は果物栽培で有名なところで、その土地柄をいかしたカクテルを作りたいということで始めたのだという。夕張産のメロンを使ったカクテルだったが、これが実に美味!! 思わずゴクゴク飲んでしまった。

 落ち着いたところで、最後の〆めは札幌フェスオリジナルのハイランドパーク。「北の強者」と、北の大地でのフェスをかけて、ラベルにはキタキツネが描かれている。これも〆めにふさわしく、美味しいハイランドパークで、八田さんとのトークも弾んでしまった。

 日曜の夜から丸2日間。今回のぶらり旅も飲んで食べての充実した旅となった。9月12日発売のガロアを楽しみにしてほしいと思う。


s_180807_1.jpg


s_180807_2.jpg


s_180807_3.jpg


s_180807_4.jpg


s_180807_5.jpg


s_180807_6.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「ぶらり旅、札幌編」

 本格的なぶらり旅の取材開始。まずは地下鉄南北線で真駒内に行き、9時半すぎに紅櫻蒸溜所へ。まだスチルが入る前の寒い季節に来たことがあったが、スチルが入ってからは初めて。物置小屋が見違えるように、立派な蒸留所となっている。

 蒸留担当はウイ文研会員でもあるKさん。昨年、厚岸蒸溜所ツアーに参加し、検定試験を受けていたのを思い出す。あれから、ちょうど1年だ。スチルはウイ文研がコンサルタントとして、イタリアのバリソン社から入れたもの。通常バリソン社のスピリッツ用スチルは、コラム塔が横に付属しているが、できるだけシンプルにということで、それを外しての発注を行った。もちろん図面では見ていたが、実物を見るのは初めてだ。

 本坊酒造のマルス津貫にあるのと同じで容量は400リットルだが、ヘッドの形状も津貫とは変えている。実際のコンサルは1年弱だったが、こうして完成した姿を見ると、感慨もひとしおだ。あとはいつか、池の畔に建つ白いチャペルでウイスキー造りが始まればと思う。

 10時すぎに紅櫻を出て、再び南北線ですすきのにもどり、11時にジンギスカン、羊飼いの店『いただきます』へ。ここは北海道で唯一、自社で牧場をもちサフォーク種の羊を育てているところで、ホンモノのラム肉や、珍しい内臓も出す店だ。11時というのに店の前にはすでに行列ができていた。案内してくれたTさんの説明を聞きながら、ラムのジンギスカンをいただく。

 一度ホテルにもどり、その後3時すぎに大倉山に行って、大倉山シャンツェの上の展望台にリフトで上がる。これが、なかなか面白い。天気もよく、眼下に札幌の街が見わたせる。とりあえず写真を撮り、再びすすきのにもどって5時に「ボウバー」へ。ここはトンデモないボトルのオンパレードで、貴重なオールドボトルのタムドゥーや、アルマニャック、そしてイタリアのグラッパの巨匠、ロマーノ・レヴィさんのお宝、手描きラベルの1960年代のボトルまで飲ませてもらう・・・。まさに至福の時を味わわせてもらった。

 その後、「ボウバー」のHさんに教えてもらった寿司屋で美味しい寿司を堪能。そのまま腹ごなしをかねて、すすきのから狸小路、そして大通公園と夜の札幌を歩いて、写真を撮影。かくして、ぶらり旅の”札幌編”は終了。それにしても札幌は涼しい。日中こそ26~27度くらいで、日差しは強烈だが、夜になると急激に下がり、朝晩は16~17度に下がるのだ。

 ホテルもクーラーいらずで、逆に夜は寒いほどだった。東京にもどるのが、コワイ…。



s_180806_1.jpg


s_180806_4.jpg


s_180806_2.jpg


s_180806_3.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「経営セミナー懇親会でウイスキートーク、そして札幌へ…」

 3日の金曜日は京橋の新しくできたビルの22階で開かれたNTTコムマーケティング主催のセミナーで、そのセミナーあとの懇親会に招かれ、ウイスキーの話をする。それにしても猛暑で、さすがに人が大勢集まるホールではクーラーも効きづらいのか、汗だくになりながらトーク、そしてシングルモルト6種を参加者にサーブする。

 4日の土曜日はガロアの原稿に集中し、なんとかスコッチ蒸留所の3本を書き上げる。これで、まだ半分くらいだ。その後、東京書籍のK氏から依頼を受けていた単行本(ネコに関する本のようだ)の原稿の校正。以前ウイスキーワールドで書いていたウイスキーキャットに関するもので、今読みかえしてみると懐かしい。

 グレンタレットのタウザーや、アンバー、そしてシェリーのことや、ハイランドパークのモルトとバーレイに関するもので、当時撮っていた写真をということだったが、今と違ってポジのため、その写真をさがすのが大変な作業になっている。何千枚という膨大なストックの中から、昔懐かしいビュワーを使って一点一点チェックしていくが、これが眼にワルイ・・・。わずか15年くらい前までは、これをやっていたと思うと、今のデジタルはすごいと思う。

 一度、夕方ウイ文研に行き、再びもどって検定の問題の再々校。今日は午前中原稿を書いて、午後1時すぎに仕事場を出て羽田へ。空港でライターのOさんと待ち合わせ、3時半のフライトで札幌へ。猛暑の疲れが出ているのか機内では爆睡。先週は京・大阪だったが今週は札幌・小樽である。

 一度、札幌のホテルにチェックインし、7時にすすきのにあるバー「無路良」へ。ガロアのぶらり旅の取材だが、札幌のウイスキーフェスに出てもらっていた京都支部のSさん、Kさんとも合流し、とりあえず美味しいアランと、オリジナルブレンデッドのソーダ割、そしてハギスなどをいただく。

 さすがフェス帰りか、次から次へと知り合いが店にやってくる。名古屋の「バーンズ」のHさんや、さらにニッカのMさん、そしてチーフブレンダーのSさんも。ということで8時に店を出て京都支部の3人と近所の居酒屋に行って、とりあえずフェスのお疲れさま会(?)。結局、ホテルにもどって寝たのは12時すぎになってしまった。


s_180805_1.jpg


s_180805_2.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「ガロアの対談2つとコンペのプレス発表・・・」

 気がついたら8月である。7月は前半アイルランド、もどったら時差ボケと猛暑で大変なめにあったが、なんとか生きている。結局一日の休みもないまま、ガロア、検定、そしてコニサー、さらにウイスキー&スピリッツコンペのことで、連日ミーティングの嵐である。

 7月31日の火曜日はガロアのバランタイン17年対談で、11時にホテルニューオータニのメインバー、カプリに行き、HBA会長のKさんとツーショット対談。今年も日本限定のトリビュートが出るということで、最後のほうでそれにも触れる。

 水曜日はコンペの件で、日本テキーラ協会のHさんにウイ文研に来てもらい、実行委員会に加わってほしい旨を伝える。すでに公式審査員要請のレターを250名くらいには出しているが、8月30日(木)にはプレス発表、出品者ガイダンスも行われる予定なので、その件も含めてHさんと話し合う。

 思えばこのコンペの発想は、台湾の高雄で開かれたベルギーのコンクール・ドゥ・モンディナールのスピリッツコンペに私とHさんが審査員として招かれた時にさかのぼる。当時2人で、これを日本でできたらと話していたのを思い出す。あれから、もう5年が経ってしまった。今、ようやくその機が熟したのだと思う。

 そのプレス発表、出品者ガイダンスに向けての案内状の発送作業も急ピッチで進めてきた。ウイスキー検定の問題作り、検定テキスト改定版の校正(まだ原稿執筆が残っている・・・)、ガロアの原稿執筆・編集作業に本来なら集中したいところだが、そうもいかず、連日コンペのことで追いまくられている。

 なにしろ誰もやったことがないことを、それもウイ文研だけでやらなければならない。スタッフにかかる負担も相当大きいが、それでも、こんな面白いことはないのだからと、自分にも言い聞かせる毎日だ。ウイ文研(スコ文研)が2001年の設立以来、今日までやってこられたのは、絶えず新しいことに、誰もやったことがないことにチャレンジしつづけてきたからだと思っている。

 フェスもコニサーも検定も、そしてガロアもみんなそうである。チャレンジをやめたら、組織の存在意義を失ってしまう。ただ、原稿を執筆する時間と、それに集中できないのが、ジレンマといえばジレンマだ。

 で、今日もコンペ、ぶらり旅、ガロアの校正、ミーティングをしながら、4時に五反田のバー「シェフテンダー」へ。そこでカバランの新商品を含む3種を、女性バーテンダーのSさんとテイスティングしながら対談。Sさんはカバランのブランドアンバサダーに就任したばかり。先月カバランに4日ほど行っていたという。これも次号(9月12日発売予定)の『ガロア』に掲載予定だ。

 明日は午後から夕方にかけてイベントのウイスキー講師を頼まれているのと、いよいよ日曜日からガロアの”ぶらり旅”で、札幌・小樽へと取材に行くことになっている。札幌・小樽で、この猛暑から逃れられればいいのだが・・・。


s_180802_1.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter