1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「スコットランドツアーと取材で半月ほど留守に・・・」

 4月24日(月)から2週間以上日本を離れるため、帰国してすぐの東京バーショーやWP試験、大阪フェス、検定対策講座、ウイスキースクールでのバーボン講座、検定合格者のための宮城峡蒸溜所ツアーなどの対応に、日々おわれている。

 先週から今週にかけWPの問題作りをしているが、どうにか出発までに7割くらいは終わりそうだ。ガロアの第2号は、もう来週月曜に届くが(会員への発送は25~26日を予定)、すでに第3号のミーティングも始まってる。

 第3号(6月末刊行)の巻頭特集はバーボン、テネシーで、今日も4時からキリンのフォアローゼズ担当者とウイ文研でミーティング。取材や原稿執筆はスコットランドから帰国後になるので、その準備も大変だ。

 今回は巻頭で”バーボンQ&A”みたいなものもやろうと思っているので、その質問項目を50くらい作ってしまう。バーボンについてはなかなかまとまった本がないので、これで基本的なことは製造も含めて、きっちりと述べるつもりだ。

 それは8月29日に行われるウイスキー検定で、スペシャル級としてバーボンウイスキー級を新設しているからでもある。そのBW級や2級・1級の対策講座も、いよいよ5月末から全国各地でスタートする。

 北海道の厚岸町で今回試験をやることを決めたが、先日も清里フェスで、堅展の樋田さんとその件で話をした。できれば、その時にウイ文研の厚岸ツアーもやり、検定の受験とセットにしたいと思っている。

 東京バーショーは例年より広いスペースを確保したので、大阪フェスや東京フェス、検定やコニサー、ガロアのことを大いにアピールしたいと思っている。もちろん、フェス恒例のウイ文研お土産ボトルも、すでに3種類作っている。

 今回はスコッチのブレンデッドモルトが2種類、そしてジャパニーズのブレンデッドが1種類の計3種類だ。スコッチはアイラを中心とした”ピートフリーク”と、スペイサイドを中心とした”キャンディボックス”、ジャパニーズは春らしく軽やかな”和の祭典”である。

 毎回、中身とネーミングについては私が決めているが、どうしても数に限りがあるので、すぐに売り切れてしまう。いつも、もっと多く作りたいと思うのだが…。

 そのバーショーで来日するカミュのブランドアンバサダー、フレデリックさんと5月15日(月)に、スペシャルなカミュのイベントを行う。昨年10月に訪れたカミュのシャトーやボルドリーの畑、そしてレ島のクリフサイドセラーなど、豊富な画像とともに、5種類のテイスティングを交えてカミュの魅力をお伝えしようと思っている。その画像も一昨日選び終えた。

 フレデリックさんとは半日シャラント川で釣りを一緒にしたが、その時の珍道中もお伝えする予定だ。カミュに入る前はインドに長年いたこともあり、その時はインドの話でも盛り上がった。もっともシャラント川では一匹も釣れなかったが。

 シャラント川のリベンジは、またいつかの機会にやりたいと思っているが、今回はスコットランドのスペイサイドで釣りをしたいと思っている。フランスの仇をスコットランドで討つということだ・・・。



170420_1.jpg


170420_2.jpg


170420_3.jpg


170420_4.jpg


170420_5.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

スポンサーサイト

 

「トマーティンの新商品発表とインタビュー」
 『ウイスキーガロア』第2号の校了が昨日無事終わったところで、今日は朝イチから次号の編集長インタビュー。8時ちょいの地下鉄で日比谷に出て、8時40分に帝国ホテルへ。6階のサロン室で、新商品発表のために来日したトマーティンのグレアム・ユウンソン所長と、マーケティングディレクターのグレアム・ニコルソン氏に1時間半にわたってインタビューを行う。

 今年から来年にかけてウッド、ファイア、アース、メタル、ウォーターという東洋の五行説にも通じる木・火・土・金・水の5種類のトマーティンが発売されるが、それらのコンセプトや、どんな原酒、どんな樽をそれぞれ選んでいるのかを伺った。どれも全世界6000本の限定で、日本にはそのうち480本ほどが輸入されるという。第1弾のウッドとファイアが今年9月、アースが今年暮れ、そしてメタルとウォーターが来年早々になるという。どれもノンチルの46%でのボトリングだ。

 大変興味深い話だったが、それはガロア第3号を見てのお楽しみということで、そのまま帝国ホテルから恵比寿に移動し、こんどは11時半からガーデンプレイスのフレンチレストラン、ジョエル・ロブションで開かれた発表会兼昼食会に出席。

 ロブションは初めてだったが、昼からランチの豪華コース料理をいただき、貴重な経験ができた。もちろんロブション自慢のブルゴーニュの白ワインや赤ワインが供されたが、同時にトマーティン12年、そして新商品のウッド、ファイア、そしてこれも7月に販売開始となる新商品のペドロヒメネスフィニッシュの4種も同時にいただく。このPXのボトルは日本限定だそうだ。

 この日の昼食会はプレスなど総勢50名近いイベントだったが、たっぷり3時間ほどロブションの料理を味わい、そしてワイン、トマーティンを堪能することができた。それにしてもトマーティンの昨年からのリニューアル、そしてシングルモルトにかける情熱はすごい。今までトマーティンというと、どちらかというとハイランドの野武士的な、無骨なイメージがあったが、見事にそれをスタイリッシュに変貌させている。売上げもこの10年で3倍近くまで上昇しているのだ。

 初めてトマーティンを訪れてから、もう20年近くが経つが、やはり新所長にグレアム・ユウンソンさんが就いて以来、ドラマティックにいろんなことが変化している。グレアムさんと最初に会ったのはもちろんトマーティンではなく、グレンモーレンジィで、その後グレングラッサでも会っている・・・。もう22年近くも前の話だ。


170419_1.jpg


170419_2.jpg


170419_3.jpg


170419_4.jpg


170419_5.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「清里ウイスキーフェスが無事終了!」

 4月の15・16の2日間、山梨県の清里で「ウイスキーフェスティバル2017 in萌木の村」が行われた。2015年10月につぐ2回目の開催で、今回は季節を変え、早春のフェスとなった。

 先発組は14日の金曜に現地入りをしたが、私を含めウイ文研のスタッフ6名は土曜早朝の特急で現地入り。会場に着いたのは9時半頃で、さっそく準備をして予定どおり11時45分にはオープン。

 この日は風が強く、時折雨も降るというあいにくの天気だったが、これは山の天気だから仕方がない。そうでなくても寒いのに、風が吹くと体感温度がいっきに下がり、まるで真冬のような寒さだった。

 そんな中、私は今回初となる森のテラスでのトークショーを、厚岸蒸溜所の樋田さんをゲストに1時間ほど行う。プラカップでの試飲だったが、厚岸のノンピート、ヘビリーピートのニューポット、そして3年前から熟成実験を続けてきた江井ヶ島とアラサイドの4種類をテイスティング。寒さに震えながらではあったが、実に興味深い話を聞くことができた。…それにしても寒い!

 その後、閉会直前のメインイベントとして正面ステージで、私と舩木社長、そしてハットウォールデンでのセミナーを担当してくれたサントリーの輿水さん、さらに樋田さん、ガイアフローの中村さんの5人でトークショー。

 テーマはまったく決めてなかったが、やはり今のウイスキーブーム、特にジャパニーズウイスキーの海外での人気ぶり、そして日本のクラフトウイスキーブームについて、熱い話を聞くことができた。

 2日目の昨日は一転、快晴に恵まれ、風もそれほど強くなく快適なフェス日和となった。前日より2時間早いオープニングで、この日もやはり森のテラスで、マルス信州の竹平さんとトークショー。そして閉会前の〆めのイベントとして舩木さん、竹平さん、キリンの田中城太さん、秩父の肥土さん、私の5人で、再びトークバトル。

 この日は夕陽がまぶしい中でのトークだったが、それぞれ本音が飛び出し、2日目も興味深いトークイベントとなった。名残りおしい気もしたが、予定どおり5時に閉会とし、急いでブースを撤収。6時前には作業が終わり、萌木のスタッフの車で小淵沢まで送ってもらい、ローカルの中央線、甲府からは特急に乗り換え、9時40分に新宿着。無事10時すぎには恵比寿に帰り着いた。

 今回は宿舎もホテルやペンションではなかったので、やや戸惑ったところもあったが、とりあえず2日間やりとげ、ホッと一息。あとは24日のスコットランド行きまでに、『ウイスキーガロア』、そしてプロフェッショナルの問題作りに集中するのみである・・・。


170417_1.jpg


170417_2.jpg


170417_3.jpg


170417_4.jpg


170417_5.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「バーボンの基礎講座をウイスキースクールで」

 『ウイスキーガロア』のほうは最終校正にかかっているが、一方でスコットランドツアー、そして清里フェス、東京バーショー、さらにウイスキープロフェッショナル試験のことも待ったなしの状態になっているので、連日その作業やミーティング。

 今日は午前中プロフェッショナル試験の問題作りをして(全部作るのに一週間近くかかる・・・)、昼すぎにウイ文研。ツアーを手配してもらっている阪急旅行社のKさんに来てもらい、ツアーの最終確認。蒸留所のアポ取りはウイ文研がやらないといけないので、そのスケジュール調整も大変だ。

 まるでパズルのような、その日程を決める作業をしてくれるスタッフにはいつも感謝だ。今回はツアー後の取材もあり、そのスケジュール調整も複雑だ。とにかく1つ1つ詰めていくしかない。

 ウイスキープロフェッショナル試験も、その準備にかからなければならないが、8月27日に行われる第5回ウイスキー検定のほうも、着々とその準備が進んでいる。検定協力企業、バー、酒販店などに送るパンフレットや、ツールについてはその発送作業が続いているが、検定に向けた対策セミナーも着々と進行中だ。

 まずは大阪、福岡で2級・1級、さらにバーボン級のセミナーだ。バーボン級に関しては、それとは別に「土屋守のバーボン基礎講座」と題して、ウイスキースクールでテイスティングを交え、3回シリーズでやることにした。大阪や福岡、それ以外のバーボン級の集中セミナーは2時間の座学のみだが、本部のスクールでは平日の夜に行い、テイスティングというお楽しみもつけることにした。

 そのためのボトル選びと、その写真撮影も午後に行ってしまう。毎回5種類、3回合計で15種類のバーボン、ライ、テネシー、アメリカンウイスキーをテイスティングすることになる。まずはバーボン、アメリカンの基礎をしっかりと講義していくつもりだ。

 私にとってもバーボンのみでセミナーを行うのは、ほとんど初めての体験!今からとても楽しみにしている。これは3号の『ウイスキーガロア』でバーボン大特集をやるためでもある・・・。

 そんなこんなで、今週もハードスケジュールだったが、この週末はいよいよ清里フェスである。先発隊は明日金曜日に東京を出発だが、私を含めた本隊は土曜の朝7時の特急で清里に向う予定だ。天気が良いことを祈っているが、こればかりは・・・。


170413_1.jpg


170413_2.jpg


170413_3.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「東京でWPの集中対策セミナー」

 9日の日曜日はウイスキープロフェッショナルの集中セミナーが、東京の八重洲ホールで開かれた。先週の大阪に次ぐ、今回最後の対策講座だ。大阪と同じように、朝9時半から午後4時半まで、一人でスコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアン、そしてモルトウイスキーの製造、テイスティングまでを講義する。

 5時に撤収作業が完了し、そのまま山手線で恵比寿までもどり、久しぶりにアトレの本屋をチェック。『ウイスキーガロア』を探したが、料理本、酒本コーナーにもなかった。すでに売り切れてしまったのだろうか・・・。

 そのガロア第2号の入稿作業が昨日・今日と続いている。さらに今週末に迫った清里フェスの荷物のパッキング。そして今日は、ウイ文研のスクール、ウイスキー検定の対策講座のミーティングも行う。

 検定対策講座は5月から6月にかけ、大阪・福岡、そして東京で行いたいと思っている。私が担当するのは1級と、今回から新しく始まるバーボンウイスキー級の2つだが、福岡では2級もやりたいと思っている。大阪はWPの試験の日程に合わせて、福岡はウイスキートークに合わせて、その前日に行いたいと思っている。

 スクールはもちろん検定対策講座だけでなく、それ以外にシェリーやマデイラ、チョコレート、そしてバーボン、アイリッシュ、コニャック、テキーラもやるつもりだ。『ウイスキーガロア』の創刊で少々遅れていたが、スクールも今年のスケジュール、内容をそろそろ決めないといけない。せっかくスクールがあるのに、活用しない手はないからだ。

 今日は、その後5時からジャパンインサイトのFさんとミーティング。スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティ(SMWS)の日本支部が新たにできたので、一度相談したいということでオフィスに見えられた。支部が変更になったことは知らなかったが、SMWSは1990年からの会員で、日本支部立ち上げの際も少し関わったので、どういう形にせよ関わることができるのであれば、できるかぎりのことはしたいと思っている。

 私がシングルモルトの面白さにはまったのはSMWSの会員になってからで、いわば私の原点でもある。日本支部立ち上げの時に、担当者が本部から持ってきたのが、コードナンバー27番のボトルで、ちょうどその頃(1993年)、ご成婚された皇太子殿下に、そのお祝いとして私のほうからプレゼントさせてもらった。もちろん直接ではなく、学習院大学の恩師を通してであったが。

 そんな縁もあり、SMWSで今後どんな活動が新しく展開されていくのか、非常に楽しみだ。



170411_1.jpg


170411_2.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter